スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大人の味ですわ

みなさん、「鮒ずし」って食べたことありますか??

待ちに待った休日。以前から何となく気になっていた黒壁地区へ行った時のこと。

黒壁地区とは・・・滋賀県長浜市にある趣ある街でぇ・・・
ま、詳しくはコチラをご覧ください(丸投げ)

黒壁地区で一番有名なものはガラス製品。
しかし、ガラスに興味皆無な私たちはもっぱら食い歩き。
窯焼きまんじゅう、鮎の姿焼、鮎の佃煮、カレーコロッケ、から揚げ串
みたらし、ぬれおかき・・・・げっぷ =3
近江商人の町だけに海幸山幸あって、お腹も満足。

そしてふと見ると鮒ずしの看板が。
頭の中にバッテラ風のイメージを浮かべつつ店内に入ってみたものは、

へ、なにこれ??

薄造りにされ、白い衣をまとった青魚。
溶けてヘナヘナになった姿はいかにも「発酵しています!」て感じ。

聞くところによると、
鮒ずしは琵琶湖で採れたニゴロブナを米と塩に付け込んで発酵させた保存食。
そのまま食べても、お茶漬けにしても、お吸い物にしても美味・・・・・だそう。

10人に聞けば8人がキライ!という鮒ずし。
でも酒通には極上のアテとしても謳われている鮒ずし。
関西人として、そして酒飲みとして、30超えたええ大人としては
今こそ挑戦すべきだ!ということで半身2000円(高!)のパックを購入。

夕焼け そして、いそいそと帰宅。


滋賀アテ晩餐の始まり始まり~♪
鮒ずし

<今日のアテ>
・鮒ずし(左下の小皿)
・サバ棒寿司
・卵コロッケ
・ホタルイカの沖漬

それに合わせたお酒は「酒屋八兵衛」と「七本槍」と「瀧自慢 ひやおろし 神の穂」。

そして鮒ずしをいざ試食。
下に乗っかる直前に広がるなんとも不思議な臭い。
魚臭いとか泥臭いとかというよりもなにか、嗅いだ事のないかほり。
味は、すっぱい!とにかくすっぱい!
酸っぱさはお酢そのもの。でも噛んでいくうちに
塩気と脂身からくるほんのりとした甘みが加わってくる。

そして間髪入れず、日本酒を流し込む!!
さっきまで感じてた色んな味がざざっといなくなって、日本酒の余韻が残る。

「あ!あり!」
「アリかナシかといえば、ギリギリでアリ」

私たちの結論は以下の通り。
・日本酒と合わせるならあり
・日本酒以外と合わせるなら、なし
・白ご飯、お吸い物としては、なし!

ということで、結果、「日本酒ってスゴイよね~」ということになりました。
かなりきわどい珍味にもガチンコできる懐の深さには脱帽です。
日本人でよかったー!

鮒ずしをまた食べたいか?と聞かれたら、
「3年くらいしたらなんとなく思い出したくなる」ある意味至極のアテです。

未体験の方は機会があればぜひお試しください。
その時はwith日本酒もお忘れなく。

written by M



スポンサーサイト

COMMENTS

No title

鮒ずし・・・一回食べてみたいとずーっと思っているんです。
そうですか、日本酒に合いますか。
さすがは日本酒!日本人に生まれてよかった。

No title

鯖寿司は畷のうどん屋の方が自分には合いましたわ~。

鮒寿司・・・トンガッタ味でっせ~。チンミです。

日本酒はホンマ旨いですー。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
最近のコメント
にほんブログ村 酒ブログへ RED RIBBON LINK PROJECT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。