スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱり痛いもんは痛い

こんにちは。久し振りのMです。

実は今日親知らずを抜きました。
さかのぼること1か月前、
奥歯に違和感を感じて「もしや歯槽膿漏??」と思って
歯医者に行ったら、親知らずが生えてきていることが発覚!

しかも素直に上に生えればよいものを
真横に生えいて奥歯を前に押している様子。
ほんとにひねくれた歯です(誰に似たんだろ)

爆弾を抱えたままで過ごすのも気が気じゃなくて
早々にこのにっくき親知らずにオサラバすべく、
今日、口腔外科へ。

かなりの大手術になることを覚悟していたのですが、
受付から衛生士さんまでサクサクと準備していざ手術。
おや、あんまりたいしたことじゃないのかしらん??

そしてお医者さんがレントゲンの写真を見せながらスラスラっと抜歯の手順を説明。

「横向きの歯の上半分を砕いて(え!?)
 歯茎に埋まった部分は歯肉を切って(え!?)取り出します。
 途中あごの骨を打ちつける(え!?)衝撃があるけど我慢してね。
 歯の根元が下あごの神経と触れているかもしれないから、
 もしも傷つけたら、麻痺が残る事も・・・・・・(意識遠くなる・・)
 もし痛かったら手をあげて下さい。痛み止め追加するから(え!?)」

そしてぶっちゅーーーーーーっと麻酔を注射。
しかもまだ行くか、まだ行くか、というほど深く深く・・・・。

 いったーーーい!

子供の頃に泣かされた麻酔注射の記憶がよみがえる。
大人になっても痛いもんは痛い。そりゃ泣くわ。

計10か所ほど注射されて、麻酔が効くまで待っている間に
施術後の症状例など結構怖い内容の説明書を渡され、
同意書にサイン。

もう後戻りできない・・・・。

椅子が徐々に倒れて行き、口の部分だけ穴のあいた布がかけられる。
(↑よくドラマの手術シーンとかで患者にかけられている布です。
実は粘着テープが付いていて患部からずれないようになっているんですね)

見えないからこそ広がる想像・・・。
<ここからは音声のみでお伝えします>

コン、コン、コン、コン

プシュー、シュゴゴゴゴ・・・

キュイーーーーーン、キンキンキン・・・

ミシッ、ミシッ・・・・バキ!

パラパラパラ・・・

シュポンっ、シュポンっ

プシュー

「はい、抜けました。後は2針縫っておしまいです」

この間、おおよそ3分弱。
お医者さんが事細かく実況してくれていたので
想像が膨らみすぎることもなく無事終了。

なんだ、案外すんなり終わったやん。余裕だわ。
麻痺してアヘアヘな挨拶で病院を後にする。


しかし、聞くところによると本当の怖さはこれから。
麻酔がさめればじわじわ痛みが湧いてきて顔が腫れてくる。
当然、お酒も運動もしばらくは禁止。(これがまた辛い!)

これから1週間は引きこもりたい・・・しかしそんな訳にもいかん。

なのでしばらくは来店された方をおたふく顔、
情けない滑舌でお迎えすることになりそうです。
どうか笑わないで、接して下さい。

どうでもいい話を最後まで読んでくださった方々、ありがとうございました(笑)

スポンサーサイト

COMMENTS

No title

 お話を聞く限り、この歯医者さんはかなり上手だと思われます。
隣のいい歯を抜かれて親知らずをクテクテにされてしまっただけの話とか、1ヶ月通ってようやく作った詰め物が次の日にないとか、歯医者にまつわるエピソードは数多くあります。
歯科、肛門科、整形外科はヤ〇が多いと昔からよく聞きます。
いい先生に当たりましたね。

No title

そうですね。
最近のこじゃれたデンタルクリニックとは違い、なんともレトロな内装でしたが、
医師の腕は確かです。
小松病院、さすがです。

顔の腫れはまだ引きません。
店長に「アメ食っとんのか?」と毎回言われてます。
このまま治らんかったりして・・・・。(M)

No title

生駒に住んでるグリフレです。
久々にHP開いて読んでみたら・・・大変やってんね。
っていうかめっちゃこわいわー。私も来月親知らず抜くねん(涙)
もともと怖がりのあかんたれやのに、歯医者大嫌いやのに2本も・・・。
でも歯医者で抜けるレベルやからきっとMよりだいぶましなんやろね。
でもこわい・・・いややぁ。

No title

2本も!上には上がいるもんですね。
病院嫌いのグリフレさんがひとしきり騒いだ挙句、
腫れたほっぺた触りつつ、「いったいわ~」って言ってるのが
思い浮かびますわ(笑)

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
最近のコメント
にほんブログ村 酒ブログへ RED RIBBON LINK PROJECT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。