スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どて煮に挑戦

どて


今日のアテ
どて煮
 こんにゃく、牛スジ、にんじん、大根、しょうが、塩かす
小松菜とうすあげの煮浸し
・タコときゅうりの酢の物

ずっと前から、「おなか一杯食べたいなぁ」と思っていた
どて煮を作ってみよう!ということで、
しまいこんでいた圧力鍋を取り出す。

圧力鍋ってどうも好きになれないんですよね。
蒸気をシュッポシュッポ上げながらくるくる回るあの姿とか、
「3分でご飯が炊けます」のような
魔法みたいなつくりかたもなんだか信用できない。

でもスジ肉をトロトロにするには
どうしても圧力鍋は避けて通れない・・・。

圧力鍋のくるくる回るコマみたのなのの動きに
一挙一動しながら、(だって恐いんですもの)
スジ肉や他の具材が柔らかくなったところで味付け。
味噌、醤油、みりん、酒、一味などなどを
気の向くままに入れて
そして次に冷蔵庫から取り出したのは
塩粕!
↑これは久保本家の蔵見学に行った時に
おすそ分けしてもらったもの。
酒かすを塩で漬け込んで1年熟成させたもので
塩味と酒かすの香りがとってもいい感じに共存してて、
そのまま食べても珍味、隠し味として料理に加えても
GOODなすごい塩粕なんです。
(これについてはまた別の機会でご紹介しますね)

そしてしばらく煮込めば
トロトロ~ンととろけて消える土手煮の出来上がり!

そしてそれに合わせるお酒は、
独楽蔵 『醇』 純米大吟醸 」
土手煮の濃厚な味噌味とスジの油と
一度は混ざって、最後は酒の米味が優勢勝ち。
酒事体の香りは控えめなので味噌の香りを
下からどっしり支えてくれるようなそんなイメージです。

独楽蔵」は温度を一定に保った冷温庫で2~3年寝かせた熟成酒で、
独特の熟成香とまろやかなお米の味が本当に美味しいお酒です。


実はこのお酒は、私は燗酒にはまるきっかけとなったお酒なんです。

酒の会で初めてこの蔵のお酒を飲んで
その飲みやすさにびっくりし、さらに
まろやかな味と香りが口の中でころころ回る感じ、
心地いいキレの良さで一口でぞっこんでした。
去年の夏にここの酒蔵(杜の蔵酒造)に見学に行って、
杜氏さんの素朴で温かい人柄にまたまた惚れました。
残念ながら、うちの店では取扱いをしていないので(涙)、
興味ある方はご自分で探してみてください。(すみません)

今回は冷やで飲んだんですが、燗にするとますます
パワーアップする、この独楽蔵、要注目です。

written by M




スポンサーサイト

テーマ : ごはん日記(写真付き) - ジャンル : 日記

Tag : 独楽蔵 純米大吟醸 どて煮

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
最近のコメント
にほんブログ村 酒ブログへ RED RIBBON LINK PROJECT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。