スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

待望の日本酒の入荷です。

いよいよ発売の日を迎えました!

これはひとえに今まで和光本店を応援して頂いた皆様のお陰だと深く感謝いたします。


今回ご案内させて頂く日本酒は日本屈指の酒どころ兵庫県「灘」のお酒です。


1995年1月17日に皆様も忘れられない「阪神淡路大震災」が起こりました。

蔵元の木造蔵は全壊し鉄筋蔵1つだけ奇跡的に残りました。
酒造りを辞める蔵元が後を絶たない中その蔵元は酒造りを続ける事を決意されました。

「もう一度原点に帰ろう」・「歴史ある酒蔵を灘に残し飲んで頂けるお客様の笑顔が見たい」

生産量を100分の1に減らし造りを「機械造り」から「手造り」へ移行する事で
杜氏の目の行き届く酒造りを再開されました。

信じられますか??考えられますか??

天災と云えどダメージは相当なものであったに違いありません!

逆にその天災を真っ向から受け止めて皆で這い上がって行こう!
蔵を応援して下さる人がいる限り、酒造りを続けて行こう!

このような決断をした蔵元です。
そんな決断をされた蔵元のお酒には熱い魂が入ってます。

蔵の杜氏 高木さんは無口ではありますがお話の中で時折見せる笑顔がとても素敵な方です。
お酒造りには相当な拘りがある事を教えてくれました。

蔵の伝道師ともいうべき池田さんはしっかりと蔵と酒屋を繋いでくれてる物腰柔らかな男前!
色んな経験を得ておられる方で僕の話もしっかりじっくり聞いてくれました。
後、将来の夢も熱い熱い!
まだ早いですがいつか恩返しが出来ればいいなと思います。


灘五郷の一つ御影郷で熱い酒造りをする清酒蔵。

大黒正宗

兵庫県神戸市東灘区御影塚町1-5-10      株式会社 安福又四郎商店  

              銘柄  「大黒正宗

                             杜氏 高木槇夫


震災後13年の月日が経ちました、忘れてはならない天災であったと思います。
どうしても時間と共に風化されて行ってると思います。今も日本各地で震災が起こっています。

当店はこの「大黒正宗」を通して震災で起きた出来事なども一緒にこれから成人を迎える子供たちにも伝えて行きたいと思います。

店頭にて試飲出来ますのでお気軽にお立ち寄りくださいませ。

入荷したお酒:  「大黒正宗 17BY」・「大黒正宗 なまざけ19BY」

スポンサーサイト

Tag : 大黒正宗

COMMENTS

さっそくいただいております。こんな飲みやすいお酒初めてでつい飲み過ごしてしまいそうです。すっきりしててどんな料理にも合いそうやし値段もお手頃でゆうことなし。これは当たると思います。

No title

ありがとうございますー!色んな飲み方試してくださいね!

食とのコラボでまた一つ印象が変わり面白いですね!

またよろしくお願いします。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
最近のコメント
にほんブログ村 酒ブログへ RED RIBBON LINK PROJECT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。