スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鹿児島紀行その2

2日目の朝、昨夜のお酒がガンガンに残った二日酔い(頭痛&吐き気)で朝食も程ほどに
いつもお世話になっているお蔵さんへ向かいました。

空港へNさんを送り「天無双」を醸す三和酒造様へ!
道中あの桜島が見えることを期待してたのですが残念ながら本日は雨・・・殆ど見えなかったですね・どことなく温泉の香りがしていた位でした。
高速を乗り継ぎ谷山から約15分で到着。蔵見学をさせていただき、今では希少な木桶蒸留機も生で見ることが出来ました。木桶蒸留機を造れる職人はたった一人しかいないそうです。
s-DSC_1301.jpg
蒸留後の焼酎もじっくり甕壷で眠っておりましたs-DSC_1302.jpg



その後南さつま市で「天文館」・「金峰」を醸す宇都酒造様へ!

ココで雨も本降りになって来ました・・クネクネの山道を抜け約1時間で到着!
金峰山脈を背に見渡す限りの田園風景の中に宇都酒造様がありました。s-DSC09912.jpg

お取引させていただいて始めてのお蔵訪問です。
4代目宇都尋智氏は今年30歳を迎え焼酎造りに命をかける好青年です。
じっくりと蔵内を見せていただき昼食を一緒に行く事になりました。
色々貴重なお話をして頂き本当に勉強になりました、ネットや雑誌で得られる情報よりも
やはり現場や本人からしか伝わらない情報がありました。
僕らみたいな弱小な酒屋に熱心に話す宇都さんの姿は素敵でした。
この時間は僕達にとって「宝物」です。
s-DSC_1347.jpg

宇都さんはお忙しい方ですのでお仕事の邪魔をしてはいけないので
僕達は蔵を後にし次は串木いちき野市「大和桜」を醸す大和桜酒造へ!!
昔ながらの手造りを貫く姿勢はホントに凄いことだと思いました。
米は手洗い・麹米は国産米・芋は国産「黄金千貫」・甕壷仕込み・この製法を百余年間一切変えてないというのですから驚きです。職人気質の親父さんと元広告宣伝会社勤務の息子「若松徹幹」氏
絶妙のコンビネーションで美味しい焼酎を造っておられます。
話の中で家内の元上司と徹幹さんが一緒に仕事をしていたというから驚きです!
まあココから家内と徹幹さんのマシンガントークの始まりです!私は親父さんと鹿児島の焼酎の歴史を教えて頂き有意義な時間を過ごせました
s-DSC_1361.jpg


そのまま川内方面へ車を走らせ「金山蔵」を訪問し恐ろしく相性の良いアル物を伝授して頂きました!江川さん!有難う御座います早速地元でも人気の飲み方になりました!

そのまま天文館商店街をブラブラしながら美味しい地鶏と魚をたらふく食べて鹿児島の最後の夜となりました。

翌朝一番の飛行機で帰阪し速攻仕事で大変でした・・
でも本当楽しい嬉しい鹿児島訪問になりました。

現場の雰囲気に触れる事で俄然やる気がでる私たちはこれからも門真で頑張ります!
まだまだ未熟者で至らぬ点も多いと思いますが宜しく」お願い致します。
とりとめのない文章に付き合っていただき有難う御座います。。
スポンサーサイト

テーマ : 最近の話題 - ジャンル : 日記

COMMENTS

チェスト!

酒豪伝説は持っていかなかったの?( ´,_ゝ`)プッ
有意義な旅になってよかったね。
この経験は無形の財産として若いあなたたちを助けてくれると思います。

芋焼酎はてびねりの黒薩摩でお湯割り、青の薩摩切子でロック、でいただきたい。
僕のような出不精のために、お店に酒茶碗やグラスなど置いてくれませんか?
いいグラスがあるとこれに合う酒は・・・なんていうやり取りもいいねえv-218
オンラインとオフラインのお酒のセレクトショップなんて素敵だと思います。

No title

酒豪伝説・・・持って行くの忘れてました・・

貴重なご意見有難う御座います。まだまだ酒屋でやる事沢山ありますね!
ワクワクします。(笑)
今日はご来店して頂き有難う御座いました!

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
最近のコメント
にほんブログ村 酒ブログへ RED RIBBON LINK PROJECT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。