スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蔵見学!

24日(月)祭日で店を開けましたが外は雨・・開店休業状態でした。
店で頑張って資料を作るか、はたまた飛び込みの営業をがんばるか、蔵見学に行くか色々
悩みましたが気が付けば家内と二人車をぶっ飛ばしていました。

何故なら12月中旬、あのお酒がやってきます。
完成を待ち切れず、僕達は一路蔵のある、へ。

は酒ドコロ。名だたる日本酒蔵が工場を構えていて、
どっちを向いても酒蔵の看板が目に入ります。

目指す蔵は酒蔵地域のほぼ中央、「安福又四郎商店」です。

蔵につくと池田さんと高木杜氏が笑顔で迎えて下さいました。
こんなレベルの低い酒屋を歓迎してくれるなんて嬉しいですね。。

今シーズンのお酒造りの状況なんかをお話して頂きました。
蔵の中はお酒の良い香りが漂っていてますます期待が膨らみます。

蔵では丁度掛け米の洗米をしている最中でした。
黙々と作業する蔵人さんたちはお互いがテレパシーで
通じ合っているかのように素晴らしい連携で作業を進めていきます。
ピーンッと張りつめたような緊張感の中で、
お互いのリズムを尊重しつつ、無駄のない動きでサポートし合う姿に
私たちはしばし無言で見入ってしまいました。

米を洗米機に投入しながら、水温や米の温度、米の水分量を測り、記録。
米の水分量を測る2
掛け米洗い機
それらすべてのデータとその日の天候・気温などの状況を加味され、
蔵の頭脳・蔵人はそこから、例えば「米の吸水時間は・・秒」など、
造りに必要な数値を弾きだします。その厳密さといったらPCもびっくりですね。

洗米の様子を見た後でもろみのタンクを案内して頂きました。
待ってました!これが今度出る「しぼりたて」ですね!
s-タンクと啓介タンクの中はこんな感じ→タンクの中2
発酵中のもろみがプクプクと泡を立てています。そこからうっとりするようなとっても甘い香りが・・・。

これらのモロミを、YABUTAで搾れば
出来たてホヤホヤの「しぼりたて」の完成!お酒の飲めない方は酒粕も楽しみですね!

「今年の出来はどうですか?」と高木杜氏に尋ねると

「う~ん。まあまあの出来かな。
 お酒というのは自分の子供と一緒で
 褒められれば謙遜してけなしたくなるし、
 逆にどれだけ出来が悪かったとしても
 『そんなに悪くない』と思ってしまうんです。(笑)」

決して多くない口数の一つ一つには
お酒をわが子のように愛する優しい一面と
職人気質の厳しい一面と自信がそこかしこに表れていて
「大黒正宗の奥ゆかしい味わい」の秘密がちょっとわかったような気がしました。

「今年は米の出来もよく、酒母の香りも非常に良かった」そうです。
そんなモロミが高木杜氏、蔵人の井上さんの手にかかればかなりの高得点をマークしそうな雰囲気です。

このモロミが一体どれほど素晴らしいお酒に化けるのかっ!
僕達はすごく気になります。

きっと皆さんの期待に違わぬ、飲めば納得の美味しさであることは
間違いないと思います!


出来たてほやほやの「しぼりたて」の発売は12月中旬!
(発売日が決まり次第、またご連絡します)

只今、予約受付中です。衝撃の瞬間まであと少しです!

大黒正宗しぼりたて 1、8L  2415円(税込)

スポンサーサイト

Tag : 大黒正宗しぼりたて 安福又四郎商店

COMMENTS

No title

予約します!(この場で良いのか・・・?)
連絡まってます。楽しみです!

No title

おおきにです!僕も楽しみです!

入荷日等は又連絡しますね。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
最近のコメント
にほんブログ村 酒ブログへ RED RIBBON LINK PROJECT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。