スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うなぎにょろにゅろみにょろにょろ

知ってました??
1人当たりのうなぎの消費量が最も多いのは、三重県津市。
なんとなんと、私の出身地でーす。
この地域は古くからうなぎの養殖が盛んだったことからうなぎ文化が発展。
養殖池がほとんど姿を消した現在もうなぎ屋さんが数多く軒を連ねています。
数にすればうどん屋さんより多いんじゃないかと思うほどですよ♪
(まぁ、為にはならん知識ですわな・・・フンッ)

そんなうなぎ王国、津を離れて大阪に来て、愕然としたこと、
それは大阪でうなぎ屋さんを見かけないこと。うそやん!

うなぎの看板はおろか、和食屋さんやうどん屋でも
メニューの端っこに申し訳なさそうに載っている程度!
この扱いはなんなんだ!そして、味もお世辞にも旨いとは言えない。

月イチうなぎを食べていた私にたびたび強襲してくる
うなぎへの食欲、略して“うな欲”に苦しむ日々。
さらにXデー(土用の丑)が追い討ちをかける!

と言うわけで

「うなぎが食べたいよぅ~!
 食べなきゃ夏バテしてしまうよ~!」と三重の両親に泣きつく。

そんで、送ってもらった
私の大好きな大好きな「はし家」の蒲焼き。しかも15切れ!
ワオ!太っ腹~heart03

前日は、うな重にして頂く。そして今日はその残りを使っての食卓。
さぁ、いってみよー!

<今日のアテ>
・めちゃうま鰻を使ったう巻き
・小あじのから揚げ
・シロナのお浸し
・春雨の中華風サラダ
・いくらしょうゆ漬け
・サーモンの生春巻き
DSC09771.jpg

そしてそれに合わせたお酒は
八海山特別純米原酒
 飲んで第一声、「さわやか~!」
 辛すぎない、程よい辛味とほんのりと青みがかった上立ち香。
 ストレスなく飲める、飲める・・・・気がつきゃ4合空いてもた!

アリスホワイト シャルドネ
少し前から気になってたイオンのPBワイン。
780円のスーパープライスの味わいはいかに??
若干ケミカル臭のする樹脂栓はちょっとなー。
味は桃・マスカットのようなフルーティな香りと甘み。
でもなんだかベタっとした甘さです。残念。


次回、赤も試してみたいと思います。
うなぎならこのワインが合うに違いない→→甲斐ノワール
またはコレ→→かぼす搾り


人気ブログランキングへ <嗚呼、飲み過ぎたー!


P.S. 大阪で美味しいうなぎのお店をご存知の方! 是非ご一報ください。
   必ず行きます!!

written by にょろにょろ  M


スポンサーサイト

エレファントカシマシ

僕は楽器を何一つ弾けない(沖縄三線は購入だけした)人間ですが音楽は大好きな人間です。

10代の時は洋楽・邦楽ともノリの良い楽曲が大好きでスカやパンクを好んで聴いてはライブへ行ったりしていました。20代後半に入るとR&BやAORなんかに興味を抱いたりしていました。

現在は特にコレとは決めないでFM802から流れる楽曲を基にユーチューブなんかで楽しむ程度。

皆様日本のロックバンド「エレファントカシマシ」はご存知でしょうか?

知っている方が殆どでしょうがTVやラジオでのMCを見たり聞いたりした事がある方は
変わった人達だなーとか大丈夫か?なんて色々感じさせて貰える面白い集団だと思います。

特に僕はこのバンド「エレファントカシマシ」のボーカルの宮本浩次の人間性はとてもとても大好きです。

話がめっちゃ苦手そうで、でも話し出すと乗ってきて言いたい事が纏まらず頭を掻き毟っている間にまた違う事を話したくなりいつも支離滅裂(笑)そんな不器用で熱い所に惹かれます。
そんな色んな事をいっぺんに考えて作る魂の歌詞の中に現れる優しく知的な比喩表現。
一つの言葉に色んなメッセージが詰まっているように感じます。動きは滑稽な非凡人です。

同年代へのメッセージであるからこそグッとくるのでしょうか?
そんなエレファントカシマシの世界に触れて欲しいと思います。



人気ブログランキングへ <さぁ、がんばろーぜ!


この歌を聴くともっぱら連絡の途絶えている親友を想い聞き入る事で会いたくなります。

人生は楽しく行かないとね!Nさん、Oさん!

情熱酒屋ニュース8月号

s-8月-1
s-8月-2

情熱酒屋ニュース8月号ができました。
店頭にて配布しております。
遠方の方は和光本店ウェブサイトからPDFで見ることもできます。
お時間のある時にぜひぜひご覧ください。

(しかーし!パスワードで保護されているコンテンツですので
ダウンロードするためにはパスワード入力が必要です。
パスワードをご存じでない方はお手数ですがサイト上から
当店へメールでご連絡ください。折り返し閲覧パスワードを
お送りいたします。)

堅いこというなよと思われるでしょうが、
顧客様向けのスペシャルな内容が含まれているので
当店のことを知ってくださっている方だけに
小さくお披露目させていただこうかと思っています。

人気ブログランキングへ <結構おもしろい内容だと思うんだけどな~(自画自賛)


written by 毎月必死こいて作ってます汗とかM

日本酒

当店に素敵な日本酒が入荷しました!

銘柄・醸造元等はこのブログでは非公開にいたします。

知って欲しい、感じて欲しい日本酒です。

どうしても銘柄のお話になると「ソレ知ってんで!」「ドコドコの酒屋さんも扱ってるね!」的な話になりがちですが、前から知ってるとかどうとかよりもこのお酒に出会う事に意味があると思います。

美味しい・不味い・そんな言葉で片付けられない想いがこのお酒には詰まってます。

詳細は来店頂くか、僕に直接お問い合わせ下さい。

その時はお時間がある時に連絡いただければ幸いです。

なぜなら僕の説明は聞きづらく長いからです。

人気ブログランキングへ 

ルーツ

霊感なし、無宗教な私にとって
輪廻転生も千の風になることもいまいちピンと来ません。
死ねば残骸になる、ただそれだけ。
故人は残された人の記憶の中だけに生き続けるんだと信じています。


今日は祖父の初盆でした。

当時にしては体格がよくて、頭が良くて、
ちょこっとユーモアがあって、太陽の似合うおじいちゃん。
数々の武勇伝と少しの失敗談を残し、
健やかに老いていった祖父はいつでも
人の陰口を決して口にせず、いつでも誰にでも「ありがとう」を
欠かさない人でした。そんな祖父は私のもっとも尊敬する人です。
正直、そんな祖父と血が繋がっていることがちょっと誇りでもあります。


法要の合間に、祖父の位牌が置かれた仏壇を眺めていたら、
仏壇の奥に、いくつかの位牌があることに気づきました。
木製の位牌はすべて箱状になっていて、
中から木札が何枚も重なって出てきました。
札には祖先らしき人の戒名・俗名と没年が書いてありました。
「寛永○年」「文化○年」「明和○年」・・・どうやら江戸時代まで
さかのぼっていけるようです。
(後から調べたら1640年代(!)のものもありました)
先祖だという確証はありませんが、
とにかく何かしらつながりがあるんだと思います。


離れて暮らしている今、法事ほど親戚一同が集う行事はないかもしれません。
食事を囲んで飲みながら、故人の思い出話をすることで、各々の記憶を呼び起こす。
記憶の中で人は永遠に生き続ける。そうやって繋がっていく、そんな気がします。


今日は自分のルーツを強く感じた一日でした。
これがアイデンティティってやつ??

P.S. そうそう、祖父の好きな銘柄は「月桂冠」でした。
ここでお酒にこじ付けですんまそ→→人気ブログランキングへ 


written by M

オーサカ・ソウル・ミュージック

この土日は地元の夏祭り。
数日前から、和光のまわりはなんだか浮足立っています!
やぐらにテントに、提灯に・・・と祭りの準備が進むにつれ、
店長も、お客様もなんだかそわそわ・・・・・・。


ところで、地方出身の私にとって、大阪のおまつり=河内音頭 と定義しています。

私のイメージするお祭りの音頭は
シニアでもついていけるゆったりとしたリズムに合わせた単調な踊り。
何世代も歌い継がれた不変の歌詞で、
そこにアドリブなんてものは存在しない。

それだけに、
河内音頭を初めて見たときの衝撃は忘れられません

エレキギター!?
なぜにラップ調!?
テンポはやっ!


こんなに早いテンポにみんなついていけるはずが・・・・
でも目の前飛び込んできたのはノリノリで飛び跳ねる老若男女。
ありえねー! 

輪に加わって、真似してみるが、
基本パターンとは別に応用型があったりして、結構難しい。
でも、真似しているうちに徐々に楽しくなって笑えてくる。

そして歌詞は時事ネタも際どい下ネタも入っていて聴いていても面白い。

踊っている人も、見ている人も、歌ってる人も、
みんなおもろい河内音頭。
これほどのwinwinwinはないですね

何でも、河内音頭の元祖は五七五調のかしこまったものだったらしいが
明治時代頃からだんだんアレンジを加え始め、
ついには自由に歌詞も節も変えられる今の形になったんだそう。

おもしろかったらええやん的な柔軟さは大阪ならではだと思います。
That's オーサカ・ソウル・ミュージック! 

というわけで今日は
オーサカ・ソウル・ミュージックにのって、会場でビール売ります。

人気ブログランキングへ <あ~えんやこらせぇ~どっこいせぇ~おんぷ

written by M

琥珀の煌めき

s-大黒梅酒とグラスのPOPのコピー



光を通してきらめく琥珀色はうっとりするほどの美しさ。
透明感あるルックス同様につるりとしたスムーズな飲み口から
梅の純粋な美味しさが広がって・・・・
きりっとしたキレの良さと深みのある味わいは
日本酒「大黒正宗」の為せる業。

なんて、どれだけ言葉を重ねてみても
本当の美味しさは飲んでみなきゃ分からない。
自分の好みかどうかも、飲んでみなきゃ分からない

だからいっぺん飲んでみて!

そんな訳で、s-飲んで聞かせて

大黒正宗の梅酒 
   飲んで!聞かせて!」コーナー
作りました!
大黒正宗の梅酒を飲んで、感想を聞かせて下さった方にお楽しみな事が!
「うまい」でも「あんまりやな~」でも何でも結構。忌憚ないご意見お待ちしています。

ご意見100人でっきるかな~♪

人気ブログランキングへ <この梅酒の色、黄金糖に似てません??


written by M

Tag : 大黒正宗の梅酒

梅酒

おいしい梅酒の入荷です!

daikoku-umeshu.jpg
大黒正宗の梅酒」・・・・720ml/1470円(税込)



幅広い年齢層の方から支持されている「梅酒」。
最近では果肉を詰め込んだ梅酒やご当地自慢の果物と蔵元のお酒をコラボレーションさせた梅酒だとか非常に賑やかな市場であると思います。

今の若年層の方が初めて飲むお酒が「梅酒」って人も多いんではないでしょうか??

難しい事を考えずに飲める、飲んで素直に「美味しいね!」って言える梅酒です。
食後に映画でも見ながらチビチビ飲むには最高の梅酒です!

店頭で試飲・販売しております!お近くにお越しの際はお気軽にお立ち寄りください!


人気ブログランキングへ <さらりと旨い梅酒に清き一票を



あっ!!あとこの梅酒は数が非常に少ない商品ですので売り切れの際はご了承ください。

Tag : 大黒正宗の梅酒

粘ります!

最近知ったんですが、我が家の近所に納豆屋さんがあるそうです。
で、年に数回工場の直売会をやっています。

何を隠そう、私は大の納豆好き。

そんなわけでゲットした出来立てほやほやの納豆で今夜は納豆宴です。

DSC09754.jpg

<今日のアテ>
・「なにわら納豆」
・「逸品納豆」
・うるめいわしの一夜干し
・サラダ
・とり貝とわかめときゅうりの酢の物
・いかの塩辛

DSC09750.jpg ← 頂いたのはこちらの納豆
DSC09751.jpg → DSC09752.jpg → DSC09755.jpg
昔ながらのわらで巻いた納豆を食べるのは初めてだったので
ドキドキしながらわらをほどいていくと・・・ほー、わらに豆が直置きなんだ~。
DSC09753.jpg
↑かなり大粒の大豆です。

昔ながらの納豆の味は・・・淡白。そして何よりもネバリが少ない!
わらの香ばしい香りがして、納豆くささはほとんどない感じ。
とびきり大粒の大豆の食感がしっかりと残っていて
「納豆って大豆なんだな~」と改めて納得。

納豆嫌いでも食べられる、そんな気がするわら巻き納豆でした。

もうひとつの納豆は北海道産の大豆を使い、
ネギ・からし・タレ・うずら卵がついた至れり尽くせりの逸品納豆。
こちらは程よく粘り、なおかつ豆の噛み応えがあってかなりの高得点でした。
ご飯にはこちらのが合いますね。

発酵することで眠っていた豆の美味しさに深みと旨味を出してくれる納豆菌。16web.gif

素晴らしき哉、発酵食。



おっと、ここで重大発表!
今日はお酒をガチンコしません
なぜなら・・・明日健康診断だから。

人気ブログランキングへ<これは完璧日本酒なアテなのにぃ・・・・

written by (旦那は大の納豆嫌い) M

エスカルゴ!?

先日yahooのトップニュースを見てびっくり!
「エスカルゴが門真で大繁殖」

ブルゴーニュで名物エスカルゴに舌鼓を打ったのが数ヶ月前。
持ち帰った加工品とのギャップにがっかりして
日本でも食べられないものかと思っていたんですが、
こんなに身近にいたなんて。

さっそく大量捕獲して調理して・・・・・・・なーんて考えていませんよ。

もともとエスカルゴはぶどうの葉につく害虫的存在。
ちまちまおちょぼ口で食べてそうな私のイメージとはかけ離れた、
恐ろしいほどの食欲と繁殖力らしく、周辺の作物をことごとく食い荒らすらしい。

生きているエスカルゴは、カタツムリそのもの。
道歩いてて見かけたのがエスカルゴだったとしても
区別も出来ないし、そもそも気持ち悪くて触れない。

それにしても、なぜ門真。
フランスから遠く離れたこんな場所に連れてこられて増えちゃったエスカルゴも
「なんか違うなぁ」と思ってるでしょうね。
やっぱ、その時はフランス語っぽく「ウーララー(=あーあ)」ってため息つくのかな。


とか言っているうちに、エスカルゴが門真れんこんに変わる
新たな名物になっちゃったりして????
我が家の酒アテにエスカルゴが登場したら、
まずは門真エスカルゴだと思ってください(笑)



人気ブログランキングへ <またまた酒話でなくてごめんなさい。でもこのネタに酒は合わせられましぇーん汗とか

written by 貝類ならサザエ派 M


トランスフォーマー

・・・・・・ではありません。
DSC09712.jpg DSC09711.jpg

休日にプラプラしていたんで写真を撮ってみました。
JR大阪駅周辺の様子です。
このあたりは再開発が進んでいて、行くたびにどんどん変わっていきます。
阪急百貨店のリニューアルや、三越伊勢丹の建設で
あっちもこっちも工事中。しかも工事現場は高層ビルの上。
いつも通り行きかう人の頭上で粛々と建設が進んでいるのが
なんとなく薄気味悪く思うのは私だけでしょうか??
なんだか機械が独りでに動いているみたい。
なーんて思うのはターミネーター見たばっかりだからでしょうね。

梅田が関西の玄関口として発展することは、
関西に人が集まっていいことだとは思うんですが、
私はやっぱりミナミ派だな~。

御堂筋の銀杏並木と道沿いに並ぶショップの感じが好きですね。
あと、堀江のカフェとか湊町~道頓堀付近の川沿いのレストランとかも。
何だかゆったりできる場所が多いのがミナミなのかも。
エンターテインメント性の高いキタと癒し路線のミナミ。
そんな住み分けがうまくできれば、大阪がもっと面白くなる気がします。

ちょっと妄想気味のMでした。

人気ブログランキングへ <酒の話じゃなくてすんまそ。

Ⅰさんの特製バジルディップ

(勝手に他称)お料理研究家、Iさんからの頂き物を囲んでの宴。

Iさんのお料理は、まず素材ありき。
Iさんが目利きし、生産者と顔を合わせて直に取り寄せた
まさに“顔の見える食材”を使い、そこにIさんのアイディアが加われば、
私たちの常識を超えたお料理に変身します。
その変貌たるや、ジャンルなんてかるーく越えてしまいます。

「おいしいイカが手に入ったから」と笑顔でくださったお料理をアテに
いそいそとイカ宴の始まり~♪
DSC09715.jpg

<今晩のアテ>
・イカの短冊のバジルソース添え
・ゲソのワタ炒め
・手羽元の唐揚げ五味ソース
・きゅうりと春雨の酢の物
・いんげんの卵とじ

Iさん特製のバジルソースは生のバジルとオイルと・・・・
青じそ?玉ねぎ?あおさ?←材料は秘密だそう、あー気になる!
しゃりしゃりとした食感があるソースは、ジェノバソースよりももっとさっぱりしていて、
どっちかというと和風よりのイタリアン。そいつをイカにたっぷり乗せていただきます。
イカが甘くてバジルがいい具合にアクセントになっていて、美味!!
バジルの風味が口いっぱいに広がったところに!

尾瀬の雪どけ しぼりたて本生を間髪入れずに飲む!

油っけがさらーりと拭い去られて、またイカの食感が恋しくなる。
そしてまた酒が欲しくなる、んーエンドレス。

このお酒が届いたのは春先。
その頃は、「青いな~」と思っていましたが、約半年、冷蔵庫で熟成されたことで
このお酒本来のおいしさが表れてきました。
やわらかに香る酵母、そして奥行きのある味わい。
このお酒、今が旬!!

・・・でも1.8L、残り数本になってしまいました。
720mlならもう少し残っていますが、もしも売れてしまったら、コチラもおすすめ。
     ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
尾瀬の雪どけ 夏呑み切り
こちらは蔵のタンクで半年間熟成させたものを加水し、ビン詰めしたもの。
まろやかさにプラスして軽やかさもあるので、さっぱりと冷酒を楽しむのに
ぴったりのお酒です。涼しげにガラスの酒器で楽しみたいですね♪

人気ブログランキングへ <夏こそ日本酒でしょ!

最後になりましたが、いつもおいしいお料理をくださるⅠさん、ありがとうございますheart03
Ⅰさんの想像力を刺激するようなオモシロ食材、また探しておきますね!


written by 生まれてこのかた夏ヤセ知らず M

Tag : 尾瀬の雪どけ 夏呑み切り しぼりたて本生

夏の涼酒

夏の涼酒トップ

暑い季節にひと時の涼を運んでくれる涼酒。
涼酒で盛夏を乗り切りましょう!
 


当店おすすめの涼酒は・・・・
酒屋八兵衛 純米生酒
尾瀬の雪どけ 夏呑み切り
梅乃宿 純米三酒 吟生
大黒正宗 なまざけ
かぼす搾り
 です。
どれもこの季節にぴったりの、爽やかなおいしさ。自信があります!
詳しくは特集ページ「夏の涼酒」 をご覧ください。

人気ブログランキングへ <ブログランキング挑戦中。ご協力お願いします



written by M

Tag : 酒屋八兵衛 純米生酒 大黒正宗 なまざけ かぼす搾り 梅乃宿 純米三酒 吟生 尾瀬の雪どけ 夏呑み切り

暇をもてあます甥っ子たちの遊び

DSC09737.jpg 甥っ子が何かを持ってやってきた。

甥っ子は手に持ったそれらを壁に下げていたのぼりにくっつけた。

それは


DSC09739.jpg セミ!しかも幼虫!

最近ハマッている甥っ子の趣味、それはセミを自分の部屋でふ化させること。
辺りが暗くなってから土から出て木に登ってくる幼虫をつかまえては
自分の部屋のカーテンにくっつけていき、翌朝、脱皮して
成虫になったセミを窓から放してあげるのが楽しいらしい。

被害を被っているのは、虫嫌いの彼のママ。
朝から家の中でセミが大合唱するわ、
抜け殻を捨てれば息子に泣かれ、増える抜け殻を見ながらの生活。

そんなママを尻目に自由奔放な甥っ子でした。


そして、翌朝。店でセミが大合唱!
セミを忘れていってるやん! 

なんと、甥っ子がくっつけていったまま忘れて帰った幼虫が
翌朝、立派なセミになっていたのでした。

「うわっ!飛んだ!」
「あーおしっこしたやんかー!」
「親父!そっち行ったで!」  わーわーぎゃーぎゃー・・・・・

朝からセミでシッチャカメッチャカになった和光本店でした。

ちなみにこれは脱皮途中のセミちゃん DSC09749.jpg 

人気ブログランキングへ <セミが鳴いたら冷酒の季節だゼ。

written by セミの幼虫ってオームに似てますよね M

夏の地サイダー

sakuragawa.jpg
お待たせしました!

能勢酒造 「桜川サイダー」 入荷しました!!330ml・・160円(税込)

この夏は冷蔵庫の必須アイテムになること間違い御座いません!
絶妙のシュワシュワ感を楽しんで下さいー!

何回も店に来ていただいたIさん、すいませんでしたー。
いつご来店頂いても大丈夫ですよー!!!


人気ブログランキングへ <風呂あがりは桜川サイダー


Tag : 桜川サイダー

最近の記事
最近のコメント
にほんブログ村 酒ブログへ RED RIBBON LINK PROJECT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。