スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱり痛いもんは痛い

こんにちは。久し振りのMです。

実は今日親知らずを抜きました。
さかのぼること1か月前、
奥歯に違和感を感じて「もしや歯槽膿漏??」と思って
歯医者に行ったら、親知らずが生えてきていることが発覚!

しかも素直に上に生えればよいものを
真横に生えいて奥歯を前に押している様子。
ほんとにひねくれた歯です(誰に似たんだろ)

爆弾を抱えたままで過ごすのも気が気じゃなくて
早々にこのにっくき親知らずにオサラバすべく、
今日、口腔外科へ。

かなりの大手術になることを覚悟していたのですが、
受付から衛生士さんまでサクサクと準備していざ手術。
おや、あんまりたいしたことじゃないのかしらん??

そしてお医者さんがレントゲンの写真を見せながらスラスラっと抜歯の手順を説明。

「横向きの歯の上半分を砕いて(え!?)
 歯茎に埋まった部分は歯肉を切って(え!?)取り出します。
 途中あごの骨を打ちつける(え!?)衝撃があるけど我慢してね。
 歯の根元が下あごの神経と触れているかもしれないから、
 もしも傷つけたら、麻痺が残る事も・・・・・・(意識遠くなる・・)
 もし痛かったら手をあげて下さい。痛み止め追加するから(え!?)」

そしてぶっちゅーーーーーーっと麻酔を注射。
しかもまだ行くか、まだ行くか、というほど深く深く・・・・。

 いったーーーい!

子供の頃に泣かされた麻酔注射の記憶がよみがえる。
大人になっても痛いもんは痛い。そりゃ泣くわ。

計10か所ほど注射されて、麻酔が効くまで待っている間に
施術後の症状例など結構怖い内容の説明書を渡され、
同意書にサイン。

もう後戻りできない・・・・。

椅子が徐々に倒れて行き、口の部分だけ穴のあいた布がかけられる。
(↑よくドラマの手術シーンとかで患者にかけられている布です。
実は粘着テープが付いていて患部からずれないようになっているんですね)

見えないからこそ広がる想像・・・。
<ここからは音声のみでお伝えします>

コン、コン、コン、コン

プシュー、シュゴゴゴゴ・・・

キュイーーーーーン、キンキンキン・・・

ミシッ、ミシッ・・・・バキ!

パラパラパラ・・・

シュポンっ、シュポンっ

プシュー

「はい、抜けました。後は2針縫っておしまいです」

この間、おおよそ3分弱。
お医者さんが事細かく実況してくれていたので
想像が膨らみすぎることもなく無事終了。

なんだ、案外すんなり終わったやん。余裕だわ。
麻痺してアヘアヘな挨拶で病院を後にする。


しかし、聞くところによると本当の怖さはこれから。
麻酔がさめればじわじわ痛みが湧いてきて顔が腫れてくる。
当然、お酒も運動もしばらくは禁止。(これがまた辛い!)

これから1週間は引きこもりたい・・・しかしそんな訳にもいかん。

なのでしばらくは来店された方をおたふく顔、
情けない滑舌でお迎えすることになりそうです。
どうか笑わないで、接して下さい。

どうでもいい話を最後まで読んでくださった方々、ありがとうございました(笑)

スポンサーサイト

お知らせ

9月23日(火)秋分の日は休業させて頂きます。

神戸へ親友の結婚式に出席します。

新郎は幼稚園からの幼馴染の理学療法士・新婦は家内の元同僚、現在はステュワーデス

面白い事になりそうです。  思いっきり祝ってやろうと思います。


酒の会in祇園

今日は日曜日の出来事を書こうと思います。(もうすでに金曜日ですが・・)

午前中「京阪 香里園」駅前の結婚式場で先輩の結婚式に出席させて頂きました。
昔からバイクの調子がおかしくなったりしたら持って行って修理してもらったり
商売絡みの話でも間を取り持って頂けたりと非常に有難い兄さん的存在の方でした。
今までチャペルで挙げる式ばかりだったので人前式って式は新鮮でした。
隣の警察官の先輩に思いっきりビールを飲まされフラッフラで式を後にしその後京都へ移動!

目的は友人の酒屋さん主催の「酒屋八兵衛の会」に参加する事です!
元坂酒造の社長と女将桐子さんを迎えて祇園の飲食店様で
[伊勢の魚と伊勢のお酒を楽しんでもらう]という何とも贅沢な会でございます。

到着した時には既に20人位集まっていて老若男女幅広い年齢層の方が
八兵衛を飲むのを非常に楽しみにしていました。
s-DSC00109.jpg
一日に8種類の八兵衛を飲む事はなかなかできません。
幻の酒米「伊勢錦」で醸した山廃純米や特別純米一発火入れ・等々

そん時はウキウキ気分で自分達が酒屋である事を完全に忘れていました。

香りは控えめ、冷で楽しめお燗でも楽しめるそんな懐の深い味わいが八兵衛の特徴です。

特にサザエの壺焼と純米吟醸との相性は最高でした!

そして初対面の方ばかりだったのですが話をしていくうちに自然と打ち解けていき、お酒は人間関係の潤滑油みたいやな~って思いました。
社長と桐子さんも各テーブルを回り熱心に説明される姿は格好よかったですね!

s-DSC00117.jpg
なによりこの会の主催の島酒店 店主 島 健太氏(写真左)
僕と同い年なのですが勉強熱心で常に向上心を持ち真っ直ぐな熱い男です。

最後の方は元坂さんへの質問コーナーを設けて色んな質問を皆様投げかけていました。
出席した方はみんな島酒店と日本酒が大好きで応援してるんだなとこっちまで元気を分けて貰った非常に楽しいひと時でした!

最後にみんなで記念写真
s-DSC00129.jpg

皆様非常に良い笑顔をしています。
酒屋八兵衛は飲んだ人を元気にし笑顔になれるお酒です。

皆様も街の何処かで「酒屋八兵衛」を目にする機会があれば一度飲んで見てください。

そして京都へ行った際は島酒店へお立ち寄りください。
色んなお酒が楽しめますよ!

いつかこんな楽しい会を開けるようになりたいと思いました。

イベント

お疲れ様です。秋になったといえどまだまだ暑い日が続きますね!
なんやかんややる事が沢山あって常に時間に追われてる新倉です。


明日は昔から可愛がって頂いている先輩でもありお客様でもある方の結婚式に出席します。
で 夕方から京都でお酒の会に出席します。
次の日15日(月)は午後からの営業になります。

来週の火曜日23日(火)は親友の結婚式に出席します。
店舗・配送共に休業させて頂きます。

10月4日(土)は湊町リバープレイスで産経新聞・フジサンケイビジネスアイ主催のイベントに参加する為
店舗は営業しておりますが配送は休ませて頂きます。(詳細は後日)

イベンがあるのはとても嬉しいですが考えることも多くなって頭の悪い僕は常にいっぱいいっぱいです。





思う事・・・

新聞・テレビ・ラジオ等で連日お騒がせしています
「三笠フーズ」事故米問題。

焼酎業界に大きな混乱をもたらす決して軽視できない問題です。

当店でも問屋様ルートで取扱のある銘柄が対象商品でありました。

朝一番の報道ですから料飲店様も知らない方が多数いてはりました。
直取引ではないですが販売したのは当店です。ココ何か月かに当店でお買い求めになられた
方々には即連絡をしFAXのコピー片手に説明しに行きました。

迅速に対応しないと僕の信用も落とす出来事ですから・・・

直取引のある蔵元様は電話やFAXで「三笠フーズと一切取引はありません」と安心させて頂ける連絡があり非常に嬉しかったです。中には米を一切使用しない蔵元までも連絡がありました。


「三笠フード」のした事は決して許されないと思います。
またこの問題は長くこの業界に残って行くと思います。消える事はまず無いでしょう。。
酒屋としてお客様に安心安全でおいしい焼酎を飲んで頂けるようにこれから考えて行動しようと思います。

まだ先の見えない問題ですが重箱の隅をつつく様な情報ばかりが流れるのは遺憾です。
正確な真実を伝えて欲しいと願います。

当店で直取引させて頂いている蔵元の事は僕が責任を持って対応させて頂きます。

今日の晩酌は芋焼酎を湯割りで楽しもうと思います。

秋の旨酒入荷しました

八兵衛山廃純米  大黒正宗  大黒生酒

秋の旨酒 入荷しました!

少し涼しくなって秋の味覚がお目見えしまたね!
サンマ
秋鮭
いわし
しめじ
マツタケ
クリ
さつまいも
さといも
れんこん

そしてそして、ひやおろし
秋はおいしいお酒が出る季節です

春先に搾ったお酒が半年間の熟成を経てうま味が出る
 ↑
これを「味がのる」と言ったりします。

まろやかでうま味たっぷり、味がのりのりのお酒が
当店にも続々入荷しましたので
ここで少しご紹介させて頂きます。


・「大黒正宗
 9月3日に取り扱いを始めた安福又四郎商店のお酒です。
 しっかりとした骨太の味わいは冷酒~燗酒と温度よって表情を変える面白いお酒です。
 1800ml 2,415円 / 720ml 1,208円
 
・「大黒正宗 生酒原酒」
 搾りたてのお酒を低温下で半年間寝かせた生原酒です。
 フレッシュさの中にもしっかりと味ののったお酒です。冷酒でどうぞ。
 720ml 1,050円

・「酒屋八兵衛 山廃純米酒」
 川のせせらぎのように澄み切っていて、それでいて優しい甘さがある。お料理とつかず離れず寄り  添う所に心底癒されるお酒です。
 1800ml 2,600円 / 720ml 1,255円

大黒正宗」はネットでの販売は行っておりません。
お問い合わせは当店までお電話・メールでどしどしお尋ねください。

written by M

Tag : 大黒正宗 酒屋八兵衛 安福又四郎商店 秋の旨酒

待望の日本酒の入荷です。

いよいよ発売の日を迎えました!

これはひとえに今まで和光本店を応援して頂いた皆様のお陰だと深く感謝いたします。


今回ご案内させて頂く日本酒は日本屈指の酒どころ兵庫県「灘」のお酒です。


1995年1月17日に皆様も忘れられない「阪神淡路大震災」が起こりました。

蔵元の木造蔵は全壊し鉄筋蔵1つだけ奇跡的に残りました。
酒造りを辞める蔵元が後を絶たない中その蔵元は酒造りを続ける事を決意されました。

「もう一度原点に帰ろう」・「歴史ある酒蔵を灘に残し飲んで頂けるお客様の笑顔が見たい」

生産量を100分の1に減らし造りを「機械造り」から「手造り」へ移行する事で
杜氏の目の行き届く酒造りを再開されました。

信じられますか??考えられますか??

天災と云えどダメージは相当なものであったに違いありません!

逆にその天災を真っ向から受け止めて皆で這い上がって行こう!
蔵を応援して下さる人がいる限り、酒造りを続けて行こう!

このような決断をした蔵元です。
そんな決断をされた蔵元のお酒には熱い魂が入ってます。

蔵の杜氏 高木さんは無口ではありますがお話の中で時折見せる笑顔がとても素敵な方です。
お酒造りには相当な拘りがある事を教えてくれました。

蔵の伝道師ともいうべき池田さんはしっかりと蔵と酒屋を繋いでくれてる物腰柔らかな男前!
色んな経験を得ておられる方で僕の話もしっかりじっくり聞いてくれました。
後、将来の夢も熱い熱い!
まだ早いですがいつか恩返しが出来ればいいなと思います。


灘五郷の一つ御影郷で熱い酒造りをする清酒蔵。

大黒正宗

兵庫県神戸市東灘区御影塚町1-5-10      株式会社 安福又四郎商店  

              銘柄  「大黒正宗

                             杜氏 高木槇夫


震災後13年の月日が経ちました、忘れてはならない天災であったと思います。
どうしても時間と共に風化されて行ってると思います。今も日本各地で震災が起こっています。

当店はこの「大黒正宗」を通して震災で起きた出来事なども一緒にこれから成人を迎える子供たちにも伝えて行きたいと思います。

店頭にて試飲出来ますのでお気軽にお立ち寄りくださいませ。

入荷したお酒:  「大黒正宗 17BY」・「大黒正宗 なまざけ19BY」

Tag : 大黒正宗

最近の記事
最近のコメント
にほんブログ村 酒ブログへ RED RIBBON LINK PROJECT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。