スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

受験生気取り

フードコーディネーターってご存知ですか?

フードコーディネーターとは、

・飲食店の店舗設計や材料の仕入れ、売り方の指導まで、仕事の流れが
 スムーズにいくように一括して調整する
・飲食店のメニューや新製品の考案。イベント企画
・担当飲食店のメディアに向けた宣伝活動

といったことをする人のことで、
つまりは、飲食店を繁盛させる為にトータルサポートするのが役割です。
で、そんな仕事をする専門家を認定するのが
フードコーディネーター資格です。

この資格を知ったとき、
これはまさに私たちの仕事じゃないか!!と思い一念発起したのが去年のこと。

去年無事に3級をクリアし、
今年に入って2級を受けることに。

そして昨日、2級の1次試験の結果が来ました。
結果は・・・合格!良かったー!

しかし、8月末にある2次試験の準備が全く出来ていないんです。
暗記問題で、マークシート形式の1次と違い、
2次は記述式。限られた時間の中でテーマにそった提案を
1枚の用紙に書いていくんです。
内容もかなり実技的なものになっていて、
現場経験のない私に出来るのかどうか・・・・・すごく不安です。

受験生として脳みそ使ってたのは、ん年前のはるか昔。
キーを回そうにもエンジンがなかなか掛かりません。
どうしよう、どうしよう、
というワケで合格宣言をしてしまい、尻に火をつけようと思います。
有言実行という素晴らしい言葉もあるじゃありませんかっ!

フードコーディネーターの2級、受かるどーー!

8月末の2次に向けてにわか受験生気分です。
結果がどうなったかは、またご報告したいと思います。

written by M
スポンサーサイト

蔵元訪問

明日は午前中関西圏の蔵元様にお邪魔してきます。

造りはしておりませんが現場に行くことで吸収出来る事は沢山あると思います。

「百聞は一見に如かず」使い古されたことわざですが、僕みたいな未熟者には

現場で頭を叩かれる方が良いんだと思います。

ドキドキ・ワクワクで今朝から胃が痛いです・・

山梨のワイナリーへ行ってきました

先日、山梨のワイナリーへ行ってきました。
早朝から動きたいということもあり、深夜バスに乗り込み、一路甲府へ!

甲府から電車で20分、さらにバスで20分の所に
グレイスワインの明野農場があります。
見渡す限りに広がるブドウ畑の作付け面積は8ヘクタール
(東京ドーム2.5個分だそう)そして遠くには南アルプスが蒼くそびえていて
ここはヨーロッパ??と思ってしまうほどの素晴らしい眺め。
s-★遠くに南アルプス
まずはぶどう畑へ!
副社長の酒井さんにご案内いただいて、ブドウ畑を見学。
今は実の成長期で、青々としたブドウの実が鈴なりになっていました。
甲州種をはじめ、ピノノワール・カベルネソーヴィニヨン・シャルドネ・メルロなどなど
様々な種類のぶどうが植えられており、どれも微妙に葉の形や実のなり方が違うんです。

「カベルネはくびれのある葉っぱでセクシーなイメージ」
「シャルドネはのっぺりとした葉形で京女タイプ」なーんて
冗談交じりに話してくださる酒井さんの説明はとっても分かりやすかったです。


驚いたのが「ストレスを与えるほどぶどうは美味しくなる」という事実!
特にワイン用のブドウの場合、糖度や酸度といった
ブドウ特有の味をどれだけ沢山引き出すかが肝心。
そのためにはブドウの房の数を制限し、水はけのよい土壌で最低限の水で管理することが
必要なのだそう。
よりよいぶどうを作るために行っている、

・水が足りない
・寒暖の差が激しい
・剪定によりブドウの房を制限される

おいしいワインを造るためとはいえ、ストレス社会に生きるブドウの姿は
なんとも健気。
ストレスフリーな生活を送る私はみるみる尊敬の眼差しになってしまいました(笑)
s-垣根式 s-★垣根式のぶどう

そして工場へ!
専用の長靴に履き替えていざ工場へ!
工場の中はおどろくほど整然としていて管理が行き届いている様子。
磨き上げられたステンレスタンクがずらりとならんでいました。
白ワインと赤ワインの作り方の違いや
各工程で使用する機械の説明などを
聞いている間もワイン酵母の香りがあたりにふんわりと漂っていて
なんとも心地よい雰囲気。
s-DSC08075.jpg


そして待ってました!の試飲タイム!

明野農場オリジナルのワインをテイスティング。
ティスティングと言っても
「フランボワーズ系のアロマが・・・」なんていう必要は無く
もっと気軽に楽しめます。
ワインの香りの表を使ってスタッフの方が
分かりやすーく説明してくださる言葉に
耳を傾けながら、さらに一口飲めば美味しさ倍増!
ワインを吐き捨てる器を用意してくださったにも関わらず
すべて飲み干してしまいました(笑)
s-★テイスティング

極めつけは、ワインランチ!
ワイナリーに併設されたレストランでワインランチを堪能。
こちらでは各種ワインと合わせて地元の食材を使った
お料理を楽しめます。
眺めの良いテラスで頂くランチは素材の味が活きていて、最高に美味!
これがまたワインに良く合うんです。
時折吹く風も気持ちよく、何時間でも居たくなるような心地よさでした。
s-ランチ洋 s-★テラスからのながめ

そんなこんなでワイナリー見学を終えて、一言。
甲州ワイン、最高ーーーー!
日本に生まれて良かったー!




いつか、和光のお客様をこのワイナリーにご案内できたらなぁ・・・
という野望がフツフツと沸いてきました。
バスを貸しきってワイナリー巡り、きれいな景色と
おいしい食事を楽しんだりして。
そこから足を伸ばして東京見物なんてのも素敵・・・。
いつか実現したいです。


このワイナリー見学のマニアックバージョンも
近日、和光本店の酒蔵めぐりコーナーにて
アップしたいと思います。ご期待ください。

このワイナリーの取扱い商品はこちらです。

夏に旨い日本酒

本日近畿地方も梅雨明けとなりました!
いよいよ夏本番です!
夏はビールが美味しいですが日本酒も美味しいですよ!
爽やかに華やかに呑める「夏酒」の入荷です。尾瀬夏呑み切り
群馬県 龍神酒造
尾瀬の雪どけ 純米吟醸 生詰 夏呑みきり
                          一升瓶 2782円・四合瓶 1391円(税込)


群馬県の小さな酒蔵から届いたコノ夏オススメの日本酒です。
程よい吟醸香で原酒とは思えぬ軽い口当たりが特徴です。キリッと冷やしてお飲みになられるか
氷を浮かべてロックでゆっくり楽しむのもいいと思います。

当店入荷数量も極小の為売り切れ御免です。四合瓶は残り僅かになります。
店頭にて試飲も出来ますのでお近くにお越しの際はお気軽にお立ち寄り下さい。

休日の過ごし方

昨日は当店の定休日でした。
週一回の休みをどんな風に過ごすかで翌週のテンションが決まります。
そんな他人が見ても全然面白くもない僕の休日を書こうと思います。

土曜日の営業は早々に切り上げ午後8時には帰宅。
その後僕の幼馴染(大親友)の新居へお邪魔しにいきました!
今春に引越しを手伝っただけで家具等が入ったマンションへは初めてでした。
なんともセンスに溢れるお部屋の数々・・・高台に建つマンションでありその
バルコニーから見える夜景たるもの感動的でした!
s-すみれヶ丘夜景


毎日ココでビール飲んでるねん!って声がとても羨ましい・・・奥様がスチュワーデスってトコも羨ましい・・・
深夜まで手造り料理と美味しい日本酒を頂きました!

そして次の日の日曜日は我がヘッポコサッカーチームの試合です。
毎回思うのですが、なんとも集まりの悪いチームです。
s-サッカー集合写真

朝10時~試合だったのですがもの凄い暑さでした・・・
人工芝からの照り返しだけで汗が噴出します。
アップの段階で30歳を迎えた私達はギブアップ寸前ですね(笑)
試合の内容は皆暑い中結構集中していて声も出てましたしフォローも出来てましたので悪くは無かったと思いますがトップの決定力不足ですかね・・・
何度も決定的な場面はあったんですが1-1のドローで試合は終わりました。
異常な暑さでダウン寸前な所の我がチームの所に次の試合チームが申し訳なさげに
「あの~僕らのチームの人数が一人足りませんで・・何方かキーパーでも良いので参加していただけませんか??」なんて声が掛かってきました。。
「ウチも足らん時あるかも知れへんし誰か入ってあげよう!」
言うたものの誰も手を上げず言うた本人が参加です!(ハイ ワタシです)
そんで生まれて初めてキーパーとして参戦しました。参加してみるとクラブチーム張りの強いチーム同士の戦いではありませんか!ペナルティエリア外からボールが回転しないシュートがガンガン飛んで来るではないですか!!!!ヤバイ!ホンマヤバイ!!と噴出す汗もそのままに夢中で頑張りましたよ・・
結果1-2   逆転負けです。。気まずかったです。申し訳なかったです。
でも楽しかったです!キーパーというポジションは本当重要なポジションなんやなと思いました。
試合の流れが良くわかるし見方の動きやクセなんかも良くわかります。
貴重な経験ができました。有難う御座います。。でももう二度とキーパーは御免です。

2試合分フィールドに立っていた訳ですから真っ黒に日焼けしちゃいました。。

帰宅後嫁とダイヤモンドシティへ買い物に行き9時には就寝してました。

心地よい筋肉痛と向かいながら今週は楽しく酒屋出来そうです!
嫁は明日から山梨県へ出張です。そして今週末は地元のお祭りです!
忙しい一週間になりそうです・・

素晴らしい日本酒

人と人との出会いはとても素晴らしくで刺激的です。
人に会うことで自分の考え方や行動が変わる事があると思います。

私には尊敬する酒屋さんがいます。
正直 同じ業種で働く者として一生を掛けても追いつけないだろう存在の方です。
また私が酒屋でない職業だとしてもその酒屋さんには通っていたでしょう。
生き方・情熱・容姿・全てが男前です。
この間電話を頂き「某蔵元といっぺん会うてみないか?」とお声を頂き
その酒屋さんでも扱っている日本酒の蔵元様が先日ご来店下さいました。

ネットであったり雑誌であったり予備知識はあったつもりだったのですが・・・
ご担当者のお話の中にはココには書けないもの凄い情熱と物語がありました。
そんな蔵元様の魂の滴が一杯に詰まった秘蔵の日本酒を頂きました。
頂き物日本酒製造年月

一年熟成の日本酒です。酒屋様・蔵元様のご迷惑になりますので一切銘柄等は書けませんが
涙が出るくらい旨かったです。
お酒造りは農業と一緒だと思います。いつ飲んでも一緒のお酒は存在しないと思います。
毎年同じお米が出来る訳でも同じ気候になる訳でも無い、だからこそ熟練された杜氏や人の手が重要になって来るんだと思いました。そんな人の温かみが溢れ出ている日本酒です。
そんな手塩をかけた日本酒は年月を追う事に旨味が増します。お料理との相性も抜群です。

あと今の蔵の姿勢になるまでのバックグラウンドが涙もんですね。。
これ以上は書けませんが・・・
いつかこんな日本酒を私達のお客様に飲んで頂きたいなと思います。
それにはもっと勉強が必要です。
今は取り扱えるレベルには全然達してませんが
その酒屋さんと蔵元様に出会った事で僕の考え方は変わりました。
取引有る無しでは無く長い付き合いをしていただけたらと思います。

これから色んな壁があると思いますが負けずに突き進んで行こうと思います。
この曲が大好きです

感謝!

お疲れ様です。
ココ最近本当蒸し暑いですね!こんな暑い中風邪で体調不良のしんくらです。
暑いからとクーラーを一晩中かけてたら朝方頭痛と悪寒で目が冷めました・・・
昨日は完全ダウン状態で本日はなんとか元気に酒屋やってます。


最近少しずつ飲食店様がお酒を買いに来てくれるようになってきました。
そして今日「つくし黒ラベル 4,5L」を購入して下さった方がいました。
そもそもこの商品は普通の一升瓶の2.5倍もある巨大な瓶でディスプレイ用にと並べていました。

つくし白
(一番左から4.5L・1.8L・720ml写真は白ラベルです)
その大きさがわかっていただけると思います。
その商品をいとも簡単に「コレ頂戴!」っと購入されたからビックリです。
またそんな時に限って私は配達で店を空けておりました・・・(涙)
嫁と母親は以前から知ってるらしく是非一度お会いしてお礼を言いたいものです。
JR徳庵駅前の居酒屋さんと言う情報しかありません・・・(聞いとけよ・・・)
少しでも気に掛けて頂ける事がとても嬉しくてホンマ酒屋やっててよかったと思いました。

ってか徳庵駅前は毎週(火・木)に配達で通ってますんでお店が分かれば飲みに行きたいものです。
最近の記事
最近のコメント
にほんブログ村 酒ブログへ RED RIBBON LINK PROJECT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。