スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どげんかせんといかん

配達で二酸化炭素はどのくらい出しているんだろう?
ふと疑問に思って調べてみました。

えぇすると!ビックリ!
店長の配達マシンの場合、
走行1kmにつき、二酸化炭素は0.3kgを排出するようです。
これは2リットルペットボトルなら73本分に相当するんですって!


配達だけでなく、冷蔵庫などの光熱費だったりと
何かと二酸化炭素排出の多い酒屋だからこそ
温暖化対策を真剣に考えていきたいものです。
不便だからとか、もうそろそろ言ってられないですよね。


私達が出来る事・・・
・1度の配達でなるべく多くのお客様に商品を届ける。
・冷暖房の設定温度を見直す(お酒の品質を落とさない範囲で)
・冷蔵庫と冷房のフィルター掃除
・紙を無駄なく使う。

などなど、出来る事はいっぱいありますね。
さっそく今から店の冷蔵庫を掃除しよ~!


二酸化炭素排出量について、興味がある方はこちらをご覧下さい。
きっと結果に愕然としますよ。
http://www.benricho.org/co2/

written by M
スポンサーサイト

私のお仕事

こんにちは。スタッフMです。
今日は私の仕事について書きたいと思います。

私の仕事は
・店頭での接客販売
・飲食店向けのPOP作成
・ウェブサイトの管理 です。
最近はホームページを始めたり、飲食店向けの情報誌を
作ったりしているので接客以外の業務のウェイトが
大きくなってきていたりします。

昨年の6月にお店に入って、もうすぐ1年。
最初はメニューを作ろうにもお酒についての知識がなかったので
思うようなPOPが出来ず、ひーひー言っていましたが
依頼の数も増え、回数を重ねていくうちに
だんだんとイメージ通りのものが出来るようになりました。
そしてお客様からの依頼ではなく、こちらから能動的に
商品やイベントの企画をPOPを交えて提案できるようになり
ますます仕事が面白くなってきたんです。

作るものも、A4サイズから大判ポスター、名刺、ボトルのラベルなど。
この前はなんと新規オープンの看板を作って欲しいとの依頼が!

店長さんがはっきりとしたイメージをお持ちだったので
案外スムーズに図案化でき、看板の作成会社へ発注。
出来上がった看板を見てニヤニヤしている私、ちょっと危ない人だったかも。

そんなこんなで、これからも頑張っていこうと思います。
メニュー作成などご入用があればどうぞお気軽にご相談下さい。

鹿児島紀行その2

2日目の朝、昨夜のお酒がガンガンに残った二日酔い(頭痛&吐き気)で朝食も程ほどに
いつもお世話になっているお蔵さんへ向かいました。

空港へNさんを送り「天無双」を醸す三和酒造様へ!
道中あの桜島が見えることを期待してたのですが残念ながら本日は雨・・・殆ど見えなかったですね・どことなく温泉の香りがしていた位でした。
高速を乗り継ぎ谷山から約15分で到着。蔵見学をさせていただき、今では希少な木桶蒸留機も生で見ることが出来ました。木桶蒸留機を造れる職人はたった一人しかいないそうです。
s-DSC_1301.jpg
蒸留後の焼酎もじっくり甕壷で眠っておりましたs-DSC_1302.jpg



その後南さつま市で「天文館」・「金峰」を醸す宇都酒造様へ!

ココで雨も本降りになって来ました・・クネクネの山道を抜け約1時間で到着!
金峰山脈を背に見渡す限りの田園風景の中に宇都酒造様がありました。s-DSC09912.jpg

お取引させていただいて始めてのお蔵訪問です。
4代目宇都尋智氏は今年30歳を迎え焼酎造りに命をかける好青年です。
じっくりと蔵内を見せていただき昼食を一緒に行く事になりました。
色々貴重なお話をして頂き本当に勉強になりました、ネットや雑誌で得られる情報よりも
やはり現場や本人からしか伝わらない情報がありました。
僕らみたいな弱小な酒屋に熱心に話す宇都さんの姿は素敵でした。
この時間は僕達にとって「宝物」です。
s-DSC_1347.jpg

宇都さんはお忙しい方ですのでお仕事の邪魔をしてはいけないので
僕達は蔵を後にし次は串木いちき野市「大和桜」を醸す大和桜酒造へ!!
昔ながらの手造りを貫く姿勢はホントに凄いことだと思いました。
米は手洗い・麹米は国産米・芋は国産「黄金千貫」・甕壷仕込み・この製法を百余年間一切変えてないというのですから驚きです。職人気質の親父さんと元広告宣伝会社勤務の息子「若松徹幹」氏
絶妙のコンビネーションで美味しい焼酎を造っておられます。
話の中で家内の元上司と徹幹さんが一緒に仕事をしていたというから驚きです!
まあココから家内と徹幹さんのマシンガントークの始まりです!私は親父さんと鹿児島の焼酎の歴史を教えて頂き有意義な時間を過ごせました
s-DSC_1361.jpg


そのまま川内方面へ車を走らせ「金山蔵」を訪問し恐ろしく相性の良いアル物を伝授して頂きました!江川さん!有難う御座います早速地元でも人気の飲み方になりました!

そのまま天文館商店街をブラブラしながら美味しい地鶏と魚をたらふく食べて鹿児島の最後の夜となりました。

翌朝一番の飛行機で帰阪し速攻仕事で大変でした・・
でも本当楽しい嬉しい鹿児島訪問になりました。

現場の雰囲気に触れる事で俄然やる気がでる私たちはこれからも門真で頑張ります!
まだまだ未熟者で至らぬ点も多いと思いますが宜しく」お願い致します。
とりとめのない文章に付き合っていただき有難う御座います。。

テーマ : 最近の話題 - ジャンル : 日記

鹿児島紀行その1

5月18日(日)19日(月)と鹿児島訪問の詳細ブログです。

5月18日(日)鹿児島県霧島市のホテルで行われる薩摩酒類販売主催の
「第一回取扱店交流会」へ参加の為朝一番の飛行機で鹿児島入りしました。
前日から鹿児島入りしていた大阪の酒屋Nさんと合流。
午前中に「明るい農村」を醸す「霧島町蒸留所」に訪問しました。
s-DSC_1222.jpg
丁度最終の仕込み中でした。蔵内には若い方が忙しく走り回っておりました。
一つの作業を終えるとまず掃除が始まります、日本酒の蔵元もそうですが焼酎の蔵元も
掃除が行き渡っております。見た目は歴史と共に老朽化している様に見える蔵元もありますが
全然しっかりしてて中身は本当綺麗です。(ウチの店も見習わなければいけせん・・)
s-DSC_1231.jpg
杜氏である酒匂さんに造りの拘り等を熱弁して頂きました・・お年34歳にして貫禄のある面立ちで
経験豊富な知識から生まれる焼酎はどれも非凡品で特徴のある焼酎です。
その後会まで少し時間を余しておりましたので霧島神宮へ行きその後宮崎県の高千穂牧場へ
昼食を取りに向かいました。
非常に景色が良くテンションが一気に上がり「ビール飲みたいな!!」って思いましたが残念ながら私は運転手ですので家内とNさんは非常においしそうにビール片手に地鶏もも焼&自家製ウインナーを楽しんでおられました。。

そしてホテルにチェックインして交流会の開催です。
卸の社長の挨拶から始まり各蔵元様の挨拶沢山の蔵元様が来ておられました。
霧島町蒸留酒・吉永酒造場・すき酒造・中俣合名・福田酒造・神酒造・原口酒造・他
s-DSC_1262.jpg
その後神戸国際大学経済学部 教授 中村智彦先生の90分の講演がありました。
講演の中の「廃業3割・倒産3割・勝ち残り3割」の話がとても印象的で
自分の視野の狭さが再認識で要改善・・・
その後試飲会があり・霧島郷土芸能九面太鼓があり・立食パーティーの始まりです。

設立5年記念焼酎なんかの試飲もできエエ感じに酔いが回って来ました、
東京の酒屋さん・熊本で球磨焼酎案内人のご兄弟・色んな方と情報交換が出来る価値ある時間でした。お料理もスゴク美味しくて楽しい交流会でした。
宴もたけなわ午後7時に閉会です・・・???
ココは田舎のホテルで近隣見渡せど山ばかり・・せっかく鹿児島まで来てココで一日を終えるのは勿体無い!とNさんと相談後徒歩10分の所に居酒屋があるから今から5人で飲みに行こう!って事になり小さな宴会の始まりです。
そんな話を聞きつけてか偶然かココしかお店がなかったのか(笑)
s-DSC_1294.jpg
結局総勢26人の酒屋さん&蔵元の大宴会が始まりました。
殆どの方が初対面であるにも関わらず体育会系のドンチャン騒ぎでまあ皆様お酒の強いこと・・・

同じ職業であるからこそ相談出来る事もあるので色々教えて頂き感謝感謝で
鹿児島での一日が終わりました。
    ↓
次回、鹿児島紀行その2へ続く

鹿児島へ

日曜日と月曜日に鹿児島へ行ってました。

日曜日は焼酎専門卸の交流会。
全国から100店を越える酒屋さんが参加しており
色んな蔵元&酒屋さんとご挨拶出来る事が出来ました。

若い酒屋様が自然と集まり夜は20人以上参加の大宴会になり皆様初対面??って感じで
夜中まで飲みまくりました・・・
ミクシーの友人とも始めて対面することも出来ました!ちょっと照れくさかったです・・・
皆様非常に個性が溢れてて楽しい時間を過ごせました。

月曜日は日頃お世話になっている蔵元様へのご挨拶へ

時間があれば観光も出来ればと考えておりましたが雨&ハードスケジュールで
いつもと同様時間に追われてあっと言う間の鹿児島訪問でした。。

月曜日の詳細は後日ブログUPしようと思います。

久しぶりの連休は本当に充実した時間を過ごす事が出来ました。
お客様のご協力によるものと感謝の気持ちで一杯です。

今週も門真の小さい酒屋はがんばります!

父の日に贈る酒

DSC00542補正


6月15日は父の日、ということで
”大好きな父に贈る酒”をテーマにショーウィンドーを
イメージチェンジしてみました。


私は父へ何かとお酒をプレゼントするんです。

「花なんかいらん。お菓子もいらん」という父。
でもグルメな父にとってお酒はちょっと特別のようで、
大体喜んでくれます。
そしてそのお酒で晩酌するんです。

また、友人が家に来たときにはそのお酒を振舞って、
そのお酒にまつわるうんちくを語ったりしています。

そんな父の様子を見ていると、
家族や友人と打ち解けられるお酒をプレゼントするのも
いいもんだなぁ・・・と思ったりして。

父の日のプレゼントに迷ったらお酒を贈ってみてはいかが?

当店オススメのお酒は・・・・

★日本酒等の父には→「初霞 キモト純米酒
              「酒屋八兵衛 山廃純米無ろ過生原酒

★焼酎等の父には→「天無双」(芋)
             「明るい農村」(芋)
             「」(麦)
             「鳥飼」(米)

★梅酒党の父には→「ヱビス福梅
             「芋梅

★ワイン・ウィスキー党の父には→「周五郎のヴァン
                     「The Bars


などがオススメです。
ギフト包装も承っています。
詳しくは和光本店のウェブか当店スタッフにお尋ねくださいね!
和光本店のウェブサイトにも特集ページ開設しました。
そちらも是非見てください。

written by M

飲み会

昨夜は酒屋さん3人でちゃんこ鍋を食べに行きました。

メンバーは私と同い年で京都で頑張るSさんと同じ大阪で格好良い店を構えるKさん。
経験豊富なKさんのお話は本当に刺激的。
同じ酒屋だから分かる話がとても多くて勉強になりました。
憧れの方を目の前にするとなかなか緊張して上手に話しできるかな?と不安でしたが
気さくな方達で時間が過ぎるのがとても早くてビックリでした。
横のつながりはホンマ良いもんだな~って思いました。

話をしている中で思ったのは3人ともとにかく「お酒が好き」という事。
蔵元様があってお客様が居て私達酒屋がある、あたりまえの事だけど
その中での人との付き合いを重要視している事。
男前&熱い男KさんSさんとで楽しい時間を過ごす事が出来ました。


スゴク元気を分けて頂きほんとうに有難かったです。
今までグチグチと悩んでた事が吹っ飛び今朝から非常に気分が良く
酒屋のオッサン街道まっしぐらです!

Kさん・Sさんおおきにです!


明日は飲食店新規OPENの商談(飲み会?)で東三国へ行ってきます!
これまた熱い熱いトークになりそうです!

うれしい出来事

今日ちょっとうれしい事がありました。

若い男性のお客様がお店に来て下さったのですが、
聞いてみると、

「飲食店で飲んだフルフル完熟マンゴー梅酒があまりにおいしかったので
ネットで調べたら、このお店が出てきたんです」

とのこと!

ヤッター!heart03
和光のサイトを立ち上げて2ヶ月、やっと、思い描いていた
飲食店→ネット検索→和光本店のHP→来店という流れでお客様がいらっしゃいました。
ネット開設が実を結んだ瞬間・・・。

しかもそのお客様が行った飲食店もうちの取引店だということが分かりました。
丁度少し前にフルフルの提案をしたところだったんです。
なんて素敵な出会いでしょう・・・・。

そのお客様はフルフルマンゴー梅酒ぱるふぇカシス梅酒
2本ずつ購入。ご友人にプレゼントされるそうです。
そういうのも何か、いいですよね。

こういう出来事があると、俄然やる気が出てきます。
さぁ、頑張っていきましょー。

written by M

飲食店

お疲れ様です。店長の新倉です。
久々のブログです。
最近毎日の業務の殆どが配送で終わってしまいます。最近は飲食店様のOPENが重なって
おりましてメーカーへの機材の手配・商品の納入・商品の提案・色々やってると元々頭が良くない私はパニックに陥ります・・・
本日ようやく落ち着いて来ましたのでココに座れる幸せを感じております。

酒屋と飲食店と関係が昔と今では大分変わって来たと思います。
前は1件の飲食店様に対し1件~2件のお酒屋さんが出入りしているのが殆ど
ソレが今では1件の飲食店様に対し2件~4件も入っているのですね多い方は5件程あるらしい・・・
ビールはココ・焼酎はココ・日本酒はココと振り分けるみたいです。
私たちは地酒専門店では無く普通の酒屋ですから業務の大半はビールを販売しているのが現状です。
そこで名立たる有名銘柄をお目当てに飲食店様は買いに走ったり・色んな酒屋様にお願いしてるのですね・・「アンタには悪いけど・・・」そんな事を聞くと本当に自分の不甲斐なさに情けなくなります。

酒屋さんは自分の扱う商品を愛して止まない事と察します。
なんたって魂の入ったお酒なんですから当然です。
ただ自店の商品を愛するが故に他店の商品を蹴落として行くような表現をする事は同業者として残念でなりません。
一件の飲食店にそれだけの酒屋様が入っておられるのなら皆で頑張ってその飲食店を繁盛店になる様にしていけば良いと思います。私はそう思います。
見るべき相手は誰なのか?考えれば分かると思います。
それはライバル店でも無く店主でも無くそのお店に来るお客様なのではないでしょうか?
自分の所の商品だけが売れれば良い!・・
そんな考え方ではこの業界は良くならないと思います。

飲食店様は今スゴク頑張っています!酒屋様も頑張っています!
向かい風のキツイ今のこの業界をいつか明るい未来を描かれる様にして行ければと思います。

SAF1撤退!ショックです

実は私、生まれ付いてのF1好き。
三重出身なんで鈴鹿にもしょっちゅう行ってましたし、
小さい頃は眠い目をこすりつつ父とレース見てました。


事件です!!
スーパーアグリがF1撤退ですってぇ~!!
 

本日、ニュースを見てがっくし・・・>orz

前々から資金繰りが困難でその日暮らしならぬ
そのレース暮らしだったのは聞いていたけど
(予選のリストに名前が出てるのを見るたびに
ホッとしてた)今度こそ、ダメだったんだなぁ。

車体もエンジンもタイヤもオールジャパンメイド、
しかもチームそのものが大企業でもなく、
鈴木亜久里のプライベートチームっていうのは
すごいことだと思った。
だって鈴木亜久里の夢にみんなが賛同してた訳でしょ、
カッコいいよなぁ・・・
日本の企業がもっとタフだったら、
政治家とか公務員の裏金、献金、着服、意味分からん無駄使い、
全部合わせたら難なく存続出来るのに。
全くもって残念です。はぁ・・・


よし!決めた!

和光本店をもっともっとビッグにして、
   日本のF1チームのスポンサーになってやる。
そんで、マシンに「和光本店」ってロゴ入れたる!! 


そう、心に誓い、今日も酒を売る。

written by M
ちなみに好きだったレーサーはマンセルとセナとヴィルヌーブです。
今は特にいないけど、トゥルーリかバトンかな。

Tag : F1

「あるもの」の正体は・・・

事前に「あるもの」を飲んでおけば、
お酒をすこぶる飲んだとしても、
記憶ぶっとび! も
明くる日二日酔い にもならないんです。

さて、「あるもの」とは一体なんでしょう??


それは


酒豪伝説」です。
聞いただけでつおそうな名前ですが、中身もすっごいです。
DSC00458.jpg

琉球大学医学部との共同開発によって生まれた
2種類のサプリメント15粒が小袋に入っています。
春ウコン+紫ウコン+白ウコン+アガリスク+零芝エキス+
ギムネマ+グァバ+マンジェリコン=なんかすっごい効く!! 

個人的には「なんとかの力」よりも効くと思います。
携帯しやすい小袋タイプ。
私はいつもかばんの中に忍ばせておいて、
飲み会ごとに配って、周りの方々の反応を観察しているんです。
その甲斐あってか、日に日に酒豪仲間が増えていっているような・・・。
昼酒倶楽部メンバーは全員見事に2セットずつ購入してました(笑)

驚く効き目のこの酒豪伝説は、そのうち爆発的に売れることになるでしょう。
お酒の弱い方にも是非オススメです。
詳しくはコチラ
酒豪伝説
15粒×10袋入り 1575円(税込)
製造元 (有)沖縄長生薬草本社

written by M

Tag : 酒豪伝説

昼酒倶楽部第2回会合

hirusake2

酒豪友達ばかりが集まり、真っ昼間から酒を飲んだくれる団体、
その名も「昼酒倶楽部」。
メンバーはMさん、Cさん、Yさんと私の計4人。


記念すべき第2回はピクニック!
新緑萌える鶴見緑地公園で旨いアテと酒を飲もう!

・・・・・のつもりでしたが、外はあいにくの。。。
実は私、重度の雨女なんです。
この昼酒倶楽部に関しては現在2戦2敗中。

仕方なく、我が家で家中ピクニックとしゃれこんでみました。とほほ・・。

しかし!今日のアテは超豪華です。


<今日のアテ>
・ゆで春野菜の特製バジルソース添え

 スーパーミセス、Cさんのお手製料理その1
 アンチョビとかバジルとか色々入ったソースをからめて食べる野菜は
 「ここ数年で一番旨い!」と感じた。超一流の味。
・アスパラとチーズのローストハンバーグ
 Cさんのお料理その2
 野菜をひき肉で包み込んで軽く焼き目をつけたものを
 オーブンでじっくりとローストしたもの。
 旨すぎる~、旨すぎる~!
・いわしのマリネ
 ボキャブラリーの無さに自己嫌悪。
 「いわしのマリネ」程度の味ではありません。
 Cさんのお手製料理その3。
 いわしの青臭さが程よく食欲をそそる、
 今日のベスト・オブ・アテです。
 これがまた、白ワインに合うんだなぁ・・・。 
・「とん平」のコロッケ 
 ミナミの名店、「とん平」の定番メニュー。
 今日の気分で言うなれば「クロケッタ デ トンペイ」って感じ。
 これはMさんの持ち寄りです。だーいすき!
・朝採り無農薬野菜のスティック
 Yさんの家庭菜園のとれぴち野菜。
 太陽の恵みに感謝!
・ブルーチーズ&2種クリームチーズとレバーパテのカナッペ
・オリーブ
・ピクルス
・岩塩クレセント

 これはパン屋カンタボーレで私が一番好きなパン
 ぼそぼそっとした小麦の食感とまぶし岩塩の塩っぱさに
 やみつきになります。
 

hirusake1


さぁ、これに合わせたお酒は・・・
・「1+1=3  ブリュット・ナトゥーレ
 ↑面白い名前のラベルですが「ウ・メス・ウ・ファン・トレス」と読むらしい。
 スペインのスパークリングワイン(=カヴァ)です。
 二つのトップワイナリーが手を結んで栽培、醸造を一貫管理。
 相乗効果として、1+1=3という名前になったそう。
 単なる辛口ではない奥の深い味わいを感じました。
 まずは単体で。次にイチゴとブルーベリーを入れたグラスに注いで
 遊んでみました。んんん~おいち。

・「グレイス甲州 
 私の大好きな白ワイン。
 果実味のある、すっきりとした酸味は
 オードブルとは上手に調和し、
 逆に濃厚なメインと合わせると脂っこさを綺麗に流しさってくれる。
 つまりはオールマイティなワイン。(と私は思う)

・「ピノノワール
 「グレイス甲州」を代表する甲州ワインが
 日本生まれ、日本育ちの白なのに対し、
 こちらはドイツ生まれ、日本育ちの赤ワイン。
 ピノノワールは栽培が難しく、北海道の余市市でのみ
 栽培が成功したそう。
 2006年は当たり年で、程よいコクと渋みがあって美味しいです。

宴たけなわ、でワインがなくなってしまった!
そこで冷蔵庫で忘れられていたチープなワインに
リンゴ・オレンジ・レモン・蜂蜜を入れてまぜまぜ・・。
ご存知、「サングリア」の出来上がり。
これまた、好評で、見る見るボトルが空いてしまった。

<昼酒倶楽部、今回の成績>
・カヴァ 1本
・ワイン 3本
一人1本ボトルを空けたことになりますな。


でも、今回もやっぱり、記憶ぶっとび!も
二日酔いにもなりませんでした。
それは、私達、事前にあるものを飲んでいたんです。

あるものとは何ぞや!
次回、「あるものの正体」に続きます。
↑本当は今回ご紹介するつもりでしたが
長編ブログで疲労困憊。伸ばし伸ばしでごめんなさい。

written by M

Tag : グレイス甲州 サングリア ピノノワール

最近の記事
最近のコメント
にほんブログ村 酒ブログへ RED RIBBON LINK PROJECT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。