スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時代遅れがかっこいい

最近はまっているもの、それは・・・ 「おせん」!
4月から始まったドラマで、火曜の10時にやっています。

このドラマが、これまた・・・深いっ!!

どんな話なのかといいますと、
webに出てた文句がすべてを表しているので、まんま引用。

東京下町にある、老舗料亭「一升庵」を舞台に、
時間に追われる世の人々が、
忘れかけていた大切なものに気づいていく「食の人情」ドラマ


そう、まさに人情ドラマ!
物語の核になっているのは、ずばり「おもてなしの心」。
「忘れてかけていた」というほど多忙な毎日を送っている意識はないけど
このドラマを見ると色々なことを考えさせられて、
いつもよりも人間らしく(?)なれる気がするんです。

私たちのような飲食に携わる職業の人はもちろん、
すべての人に共感できる内容になっていると思います。
だって「食」は生きる上で不可欠ですから。

三十路に入って(ハッしまった!)すっかり涙もろくなってしまい涙
特にこういう人情ものにすぐに感涙してしまう、今日この頃。
(悲し泣き<感動泣きしちゃうんですよね~)
毎回、おせんが決めてくれるセリフにはまりまくり、
感涙してしまうんです。

「おせん」を見るようになったきっかけは、
今、勉強中のフードコーディネーター資格のセミナーに
参加した時の講師の方がこのドラマの料理、マナーの監修をしていると聞いて
それから見るようになったんです。

ドラマの中ではおせんと対象的に
・「スローフード」と豪語する若者
・調理技術を鼻に掛ける料理人
・素材の生産地にやたら固執する人
・和食をスタイルとして演出するモダンレストラン
・料理をエンターテインメントとして盛り上げる仕掛け人
・炊事をしない共働き夫婦


とかが出てくるんですが、どれも自分に重なるんです。
そう思って見ていると、
今、私がしている仕事に「おもてなしの心」があるかどうか・・・って
考えるとどれも表面的なことしかできていないような気がして
ならないんですよね。

私がお店に協力しているPOP類、ホームページ、
商品の説明をすればするほど嘘になっていっているような。
フードコーディネーターの試験対策として
客に響くメニューやイベントを企画するのも結局は
作る側の都合が良いだけだったり・・・。
・・・なんてモンモンと考えているうちになんだかドツボにはまっちゃいました。

とは言っても、私自身が料理人でもないので
はまりすぎるのも問題ですよね。
まずはこのドラマを見て、日本の食文化をお勉強してから
今の仕事に何らかの形で活かしていけたらいいなと思っています。

まだ見てない人!
今からでも間に合います。是非みてみて!
飲んだくれている蒼井優ちゃんもかなりかわいいですよ。
「おせん」公式サイト→http://www.ntv.co.jp/osen/

written by M
スポンサーサイト

Tag : おせん 飲食 スローフード 食育 フードコーディネーター

昼酒倶楽部第1回会合

酒豪友達ばかりが集まり、真っ昼間から酒を飲んだくれる団体、
その名も
昼酒倶楽部」。
メンバーはMさん、Cさん、Yさんと私の計4人。

昼酒倶楽部会合、記念すべき第一回の舞台はミナミ。
Cさんの紹介で日本橋にある
ラ・バロッタでランチを堪能。
rabarotarabarota2

↑ここは席数13席という、小バコな店。
その日に入った食材にあったお料理を出してくれる、
少人数だからこそできる真心の店。
その日の材料によってお料理が決まるから、
ランチメニューは毎日変わる。行ってみないと分からない。

このお店は大当たりです!
出てくるお料理はすごく手が込んでいてキレイ。
食べると笑っちゃうほどに美味しい。

ワインの品揃えも豊富で、お酒選びに困っても
店員さんが優しくナビゲートしてくれる。

そしてなによりも、自分たちの為に、イケメンシェフ達(この日は3人)が
目の前で一生懸命お料理してくれている様子を
見ているだけで、なんだか姫になった気分。

今回食べた「シェフのおまかせランチ」は
前菜、パスタ、メイン、デザート、食後のドリンクまでついて
たったの2000円ポッキリ!
いけませんわ!安すぎます!
次はディナーに行きたいな。


そして腹ごなしにビッグカメラを散策。


次にくわ焼きのお店
たこ坊へ。
↑たこ坊は千日前の近くにある、ディープオーサカなお店。
厨房をぐるっとコの字型に囲むカウンターに
ぎゅうぎゅうに座って飲んで食べるのが楽しい。
オススメはエビパン、銀杏、うなぎの肝、チキンポテト。
開店と同時に行ったので店内はガラガラ。
でも夢中で飲み食いしていて、気がづくと
会社帰りのサラリーマンや生粋のなにわのおっちゃん達に
囲まれていた。あらら、いつの間にやら満席に!


そして最後はバーでカクテルを堪能。
時間を忘れて喋っていたら、気づけば10時!



昼酒倶楽部第一回の私の成績。
・スパークリングワイン 1杯
・ワイン2本(4人で)
・生中 1杯
・瓶ビール中ビン 1本
・チューハイジョッキ 2杯
・カクテル 1杯
所要時間 10時間。

よく飲んだ!量もさることながら、かなりの長期戦でした。

でも私たち全員、記憶も飛ばなかったし、二日酔いにもならなかったんです。
それはなぜでしょう???
実は私たち、事前にあるもの を飲んでいたんです。
それは・・・・・・・・(次回「昼酒倶楽部第2回」へ続く)


written by M

Tag : ラ・バロッタ 昼酒倶楽部 たこ坊 酒豪伝説

黄金週間

今日も朝から晩まで殆ど配送で一日が終わりました・・・(涙)

今日は朝から車が多いな~!ローカルならでは抜け道も本日は全然時間短縮になりませんでした・・
結果明日から大半の方がゴールデンウィークと言うものに突入する訳ですね・・・

自営業は大型連休なんて夢のまた夢であります・・いつか10日位連休して海外サーフトリップでもしてみたいものです。

当店はゴールデンウィーク中も通常通り営業しております。(日曜日だけ定休日です)
皆様ご気軽にご来店して頂き試飲も沢山していただければと思います。

5月19日(月)は出張の為店長&嫁は不在になります。
飲食店様への配送もお休みさせて頂きますので何卒ご了承願います。

20日(火)は午後より張り切って営業させて頂きます。

今から出張が楽しみでワクワクしております。

By Keisuke

元坂さんちのお手洗い

cooltoilet


元坂酒造さんにお邪魔させて頂いた時のこと。

店長がお手洗いに行ったっきり、なかなか帰ってこない。

試飲で潰れたか??なーんて思っていたら、

 「ここのお手洗いは最高にカッコいい!!」 

と興奮気味に帰ってきた。

私も行ってみる、確かに。
元坂さんちのお手洗い、最高にカッコいい!!

どこがどうカッコいいのかと言うと、

まず、窓がステンドグラス!  
窓から色づいた自然光が入っているのがすごくキレイ。

そして、男性用のお便器が
使いやすいかどうかは私には分かりかねますぅ~ので割愛。

さらに、女性用の個室は古式ゆかしい和式。
使わないときは木のフタでカバーできるようになっている。
汲み取り式なのに手入れが行き届いているので
まったく臭わない。むしろお香が焚かれていて
見事な癒し空間を演出! 

極め付けは手洗い場。
ボーンチャイナの甕に清水が張ってあって
そこから杓子でくみ出して洗う。
なんだか気持ちまで清められそう・・・。

懐かしいのに新しい!
アンティークなのにモダン!
素晴らしい!これぞ、エキゾチックジャパーン!


店長に続き、私も興奮してお手洗いを満喫。


お手洗いに限らず、元坂酒造さんのお宅は伝統的な純日本家屋。
長く続く廊下を兼ねた縁側からは日本庭園が眺められます。
年代物のガラス(博物館や旧居住地にあるような手作りの板ガラス)越しの、
微妙に歪んで見える景色にも歴史のロマンを感じちゃいます。
これぞ元坂酒造の200年の伝統の証!

皆様も元坂酒造さんの見学に行かれるときには
是非、お手洗いもご覧ください(笑)
トイレマニア必見です!


written by M






Tag : 元坂酒造

酒蔵へ

先月末から取引させて頂いた蔵元様へお邪魔させて頂きました。

大阪から約2時間で到着する同じ関西圏の日本酒蔵です。

趣のある蔵の外観は毎回心が高揚してしまいます。

気さくで綺麗な女将様と温厚で誠実な杜氏(社長)が出迎えて頂きました。

もっとこの蔵元を知りたいしお酒も知りたい・・そんな思いで話をさせて頂きました。

今の私たちの今ある現状・環境・今後の展開・業界全体のお話・プライベートな話にまで話は盛り上がりました。お酒の試飲も兼ねておりましたので私達も緊張がほぐれ格好付けず全てをさらけ出しました(笑)

色んな蔵元様とお付き合いさせて頂いておりますがココの蔵元はお酒に対し本当に素直で真面目に取り組んでおられると心底伝わって来ました。
そんな女将様の一言がとても印象的でした「香りがあるお酒も美味しいですが気取らず毎日飲めるお酒で自分達が美味しいというお酒を造れればいいんです」
そんなお酒はホントに優しい米本来の香りと柔らかい飲み口でその夫婦の人柄がお酒に反映されてる美味しい日本酒でした。

酒屋をやっている以上いろんな方に「ドコドコのお酒は美味しかった!」「あんなお酒は手に入らないのか?」なんて言われる事が多いですが私達のお酒に対する基本的な考え方は
「お酒は嗜好品」10人飲んで10人美味しい酒なんて無い!
銘柄でお酒を買われると私達の存在は全く必要の無い仕事である。
銘柄よりも一つのお酒が生まれるに当たりどれだけの人が携わっておられるか、どんな想いで造っておられるか、そんな事をキチンとお客様に知って頂きのんでもらいたい。
と考えております。

今回の酒蔵訪問で私達の酒屋人生の中での心強いパートナーが増えました!
本当に嬉しい限りです!


三重県多気郡

元坂酒造  「酒屋八兵衛」ご購入はコチラ
杜氏 元坂 新  
女将     桐子

八兵衛 モノクロ

これでいて、実はとっても前向きなんです

「ちょっとこっちに来てこれ見てみて~」
と義母に呼ばれて、庭に行って見ると、ぎょぎょっ!
つちぐり


ものすっごい気持ち悪いものが!
目玉みたいなカタチの下からクモみたいな足が出てて、
見るからにグロテスク!
というか、クモ嫌いな私には直視すら出来ない!!
 


私「なんですか!これ??」
母「キノコみたい。おもしろいね~ ^o^ 」

聞いてみると、母が奈良の御手洗渓谷に行った時に
遊歩道の脇に転がっていたそうで、
あまりの気持ち悪さに持ってきて帰ったのだそう。

↑ありえな~い!
今にも動き出しそうな姿だけど、これは本当にキノコ???
と思いネットで調べてみると・・・
ツチグリというれっきとしたキノコでした。

(以下、Wikipediaより一部抜粋)
ツチグリ(土栗)はツチグリツチグリ属のキノコ。
夏から秋、林内の道端や土の崖などで普通に見られる中型のキノコ。
扁球形の外皮の中の袋の中に胞子を作る。
成熟すると、外皮は星形に裂ける。
すると星型の座布団の上に、胞子の入った袋が乗っている形になる。
胞子は袋の先端の穴から放出される。外皮は、乾湿にあわせて開閉する。
乾燥すると、外皮は丸まり、胞子の袋を包んで、全体が球形になる。
・・・だそうな。

ネットで「つちぐり」で検索すると出てくる出てくる! 
しかもどのサイトもつちぐりに関する表現を見ると
なぜか、愛情がこもった、まるで「俺はつちぐりがこれほど好きなんだ!」的な
言い回しばかり!
一体何なんだ?!このつちぐりって奴はぁ~!

ますます興味が湧いてきて片っ端から読んでみた。
・雨の日には外皮が開く(丁度上の写真ですね)
・晴れた日には外皮が袋を包んでまん丸になる。
・球体に丸まっている時に風に吹かれて転がる事で
 胞子をばら撒くことができる。
・食用(まさか!)アジアではツチグリの缶詰があるらしい。
・寒冷な気候を好む(←この夏は越せないかも!)


↓丸くなるとこんな感じです。
tutiguri2.jpg

風に吹かれて転がる事で仲間を増やしていくなんて、
なんとも積極的じゃないですか?
陰気なイメージのキノコの中でも、このつちぐりは晴れた日も好き。
私、キノコですがこれでいて前向きなんです
初めは気持ち悪くて目も当てれなかったキノコが
なんだか可愛らしく見えてきた


食用ということなんで、食べてみると意外と美味かも??
酒のつまみにいかが、な~んて、無理やりお酒とつなげてみましたが、何か??

written by M

テーマ : なんとなく書きたいこと。。 - ジャンル : 日記

Tag : ツチグリ

どて煮に挑戦

どて


今日のアテ
どて煮
 こんにゃく、牛スジ、にんじん、大根、しょうが、塩かす
小松菜とうすあげの煮浸し
・タコときゅうりの酢の物

ずっと前から、「おなか一杯食べたいなぁ」と思っていた
どて煮を作ってみよう!ということで、
しまいこんでいた圧力鍋を取り出す。

圧力鍋ってどうも好きになれないんですよね。
蒸気をシュッポシュッポ上げながらくるくる回るあの姿とか、
「3分でご飯が炊けます」のような
魔法みたいなつくりかたもなんだか信用できない。

でもスジ肉をトロトロにするには
どうしても圧力鍋は避けて通れない・・・。

圧力鍋のくるくる回るコマみたのなのの動きに
一挙一動しながら、(だって恐いんですもの)
スジ肉や他の具材が柔らかくなったところで味付け。
味噌、醤油、みりん、酒、一味などなどを
気の向くままに入れて
そして次に冷蔵庫から取り出したのは
塩粕!
↑これは久保本家の蔵見学に行った時に
おすそ分けしてもらったもの。
酒かすを塩で漬け込んで1年熟成させたもので
塩味と酒かすの香りがとってもいい感じに共存してて、
そのまま食べても珍味、隠し味として料理に加えても
GOODなすごい塩粕なんです。
(これについてはまた別の機会でご紹介しますね)

そしてしばらく煮込めば
トロトロ~ンととろけて消える土手煮の出来上がり!

そしてそれに合わせるお酒は、
独楽蔵 『醇』 純米大吟醸 」
土手煮の濃厚な味噌味とスジの油と
一度は混ざって、最後は酒の米味が優勢勝ち。
酒事体の香りは控えめなので味噌の香りを
下からどっしり支えてくれるようなそんなイメージです。

独楽蔵」は温度を一定に保った冷温庫で2~3年寝かせた熟成酒で、
独特の熟成香とまろやかなお米の味が本当に美味しいお酒です。


実はこのお酒は、私は燗酒にはまるきっかけとなったお酒なんです。

酒の会で初めてこの蔵のお酒を飲んで
その飲みやすさにびっくりし、さらに
まろやかな味と香りが口の中でころころ回る感じ、
心地いいキレの良さで一口でぞっこんでした。
去年の夏にここの酒蔵(杜の蔵酒造)に見学に行って、
杜氏さんの素朴で温かい人柄にまたまた惚れました。
残念ながら、うちの店では取扱いをしていないので(涙)、
興味ある方はご自分で探してみてください。(すみません)

今回は冷やで飲んだんですが、燗にするとますます
パワーアップする、この独楽蔵、要注目です。

written by M




テーマ : ごはん日記(写真付き) - ジャンル : 日記

Tag : 独楽蔵 純米大吟醸 どて煮

大人気!

マンゴ梅酒


福岡県の日本酒蔵が世に出した「フルフル完熟マンゴー梅酒

まるで果実を丸かじりしているようなジューシーさが女性を中心に大人気です!
甘味と酸味のバランスが最高で最後に締まる梅酒の旨味がたまりませんっ!!
「デザートは別腹ですからっ!」って声がピッタリハマる食後に美味しいリキュールです!

予想を遥かに超える勢いで取扱い頂く料飲店が増えてきました。

本当に嬉しい限りです!ありがとうございました。

ネットを通じての販売もしておりますのでどしどし問い合わせの程宜しくお願い致します。
→詳しくはコチラをご覧ください

数量限定入荷ですので品切れの際はご了承下さい。

by keisuke

Tag : フルフル完熟マンゴー梅酒

はじめまして。

はじめまして。和光本店の店長新倉です。

色んな人に手伝って頂き先月にホームページをOPENする事が出来ました。

そしてこのブログも開設する事が出来ました。

ネットショップと言いましても私の職業はどこにでもある普通の町の酒屋で主に御用聞きや配達で一日が終わってしまいます(涙)。WEBは当店の陰の店主(嫁)が担当として運営して行く事になりました。

私は日々の業務の合間にブログを通じて情報発信していければと思います。
皆様の声が私達の成長に繋がりますのでどしどしご意見下さいませ。

さて4月も中旬になれば昼時の配達はさすがに暑いですね・・

桜も散ってきていよいよアウトドアシーズン到来です!

昨日近所の河川敷でサッカーの試合があったのですが天気も良くBBQされてる方が多数いてましたね。そんな中皆様どんなお酒を飲んでるんだろう??
と興味湧き色んなグループのクーラーボックスやテーブルの上を見ましたがやはり缶ビールが多いですね。そん次は缶チューハイでした。しかし  いてました!嬉しかったです!
20代後半の女性の傍らにはある酒蔵の純米吟醸生酒!いやぁ嬉しいかった!
日本酒=おっさん臭いや悪酔いする等マイナスのイメージの強い中美味しいそうに飲んでましたよ!
後梅酒も飲んでいる人もいてました!

僕も毎日「日本酒」飲んでます!
日本酒の魅力について書き出すと止まらないので又今度ココに書こうと思います。

今週日曜日はある酒蔵に訪問してきます。楽しみです!
又ご報告します!

RANCID! サイコー!

クラブギグ

大好きな大好きな、RANCIDのライブに行って来ました!
PUNKSPRINGとさんざん迷ったけど、少しでも長く
RANCID見たかったんで単独公演に決定。

ZEPP入ると前座の10-FEETがもう演奏始まってて、
ズンズンくる低音に始まる前からテンション↑↑でした。
景気づけにビールを飲んで、いざ出陣!

ステージの後ろにあった幕がバサッと下りると同時に
モノクロのオールドムービー調の映像が出て
(Poet's LifeのPVみたいなの)
4人が登場!歓声が波の様に押しよせてきてテンションMAX!
私も女子にあるまじき雄たけびでお出迎え。

いつもは前に前に行っていたんだけど、
今回は前から2ブロックめの前の柵で自分を守れる
ベストポジションを見つけたので少し離れてみる事に。
いつもはモヒカン暴徒を警戒しつつ、もみくちゃ状態に
耐えることで頭が一杯になっていたのに、
今回は自分が動くスペースをきっちり確保できたので
思い切り暴れる事ができました。

Fall Back Downとか
Olympia WAとか
Roots Radicals、とか
Time bomb
Old Friend
Ruby Sohoも、
大好きな曲は全部出てて、(あ、でもRed Hot Moonは欲しかったな)
始まってすぐに感激の涙!
掛け声がばっちりきまった一体感に涙!
おわってしまうよ~という悲しみの涙!計3回泣きました。

全て終わって我に返ると、
すねが、ふくらはぎが、二の腕が、わき腹が、痛い!!!!
ずっと飛び跳ねていたんですねぇ。
声をだそうとしてもカスカスな音しか出てこない、叫びすぎ!?
でも体の中が熱くって!動きを止めるとうずうずする感じ。
もっともっと体動かしたい!
って友達Kちゃんとテンション↑声のボリューム最大で
騒いで帰りました。

ちょっと近寄りがたいほどのオーラを持つTimだけど
今回は笑顔一杯で(丸くなった??)
見ている方も安心して熱くなれる感じでした。
今度は9月に来るらしい??
そしてNewアルバムも12日に発売開始!
さっそく買わなくちゃ!
http://www.rancidrancid.com/index.html

そんなこんなで興奮冷めやらぬ状態で書き込みしてしまいました。
お酒とは全く関係の無くてすみません、店長。

RANCIDラブのMでした。

テーマ : なんとなく書きたいこと。。 - ジャンル : 日記

Tag : RANCID

イタリアンに純米吟醸酒!?

ケルナーとアスパラ


今日のアテ
焼アスパラ
採り立てのアスパラを頂いたので、ガーリックオイルをかけて
塩コショウで味を整えグリルで焼き目をつけました。
ローマ風カルボナーラ
ブロックベーコン・パルメザンチーズ・玉子・岩塩・コショウのみで
作るシンプルカルボ。イタリアの玉子ご飯感覚っていうのも納得。
塩とコショウをしっかり効かせるのがミソ。
・ジェノバ風ジャーマンポテト(?)
ウィンナー、ゆでたじゃがいも、チーズを炒めて
ジェノバソースでからめて出来上がり。
タコマリネサラダ
タコのマリネだけではボリュームに欠けるので
レタスに乗っけてサラダ風に。


そしてそれに合わせるのは
グレイス ケルナー 辛口
北海道の西側では欧州ワイン種の栽培が盛ん。
なんでもその辺りの気候がヨーロッパに近いそうな。
グレイスワインも余市市にワイナリーを持ち、
そこではドイツワイン種、ケルナーとピノノワールを育てています。
どっしりとした葡萄の存在感、コクはドイツ種ならでは。
でも果実味が主張しすぎないのは、軟水風土で育ったからこそ。
つまり、この味は日本の、この場所でしか成しえなかった味わい。

ガーリックとコショウが利いたアスパラを一口食べて
アスパラの甘さを口に広がらせた瞬間に、
冷えたケルナーを流し込む!
ううん、ヴォーノ!
 

■「グレイス ケルナー 辛口」 750ml 2100円(税込)
<白>2005年度製・アルコール度数 12度
中央葡萄株式会社


さらにさらに!

”今度は日本酒を合わせてみよう!”
ということになり、
我が家の倉庫からイソイソと出してきたのは
御湖鶴 純米吟醸 くろラベル」 
御湖鶴とイタリアン

本来の味を残す為に炭素ろ過を一切行っていない、
こだわり純米吟醸
グラスを傾けて口に含んだ瞬間に
吟醸香が華やかに広がります。
味わいは温かみのあるラベルから連想するとおり、
まろやかでほっとさせてくれる優しい米の甘さ。

このまろやかをジェノバ料理にぶつけてみたらどうだろう?

おや!めっちゃ合う!
こっくりとした御湖鶴の味わいは
松の実の香りとガーリックとバジルのオイリーな味とも
ポテトの甘味とも
ウィンナーのスモーク感とも
どの素材ともすんなり打ち解けて、
香りのキツさをやわらかに流しさって行く感じ。
後味がすっきりするから、ついもう一口食べたくなる。
これだから止められない・・・。

御湖鶴(みこつる)純米吟醸 くろラベル 1800ml 3200円(税込)
<黒曜天然水使用、瓶火入れ、瓶囲い>
菱友酒造(長野県)

テーマ : ごはん日記(写真付き) - ジャンル : 日記

Tag : 御湖鶴 日本酒 ワイン イタリアン 純米吟醸 ケルナー 菱友酒造

ピクニックのお供にこんなのどお?

お花見ディスプレイ


ピクニックのお供に! 

お花見をテーマにショーケースをディスプレイ変更しました。
春風にゆれる、花々を愛でながら
食べるお弁当はまた格別に美味しいはず!

春の食材を使ったお料理にあう、フレッシュなお酒は
そんなピクニック気分にピッタリです。


”まずはスパークリング梅酒でカンパ~イ”
小鼓 泡梅(ほうばい)」 

とってもフレッシュなシュワシュワ梅酒のご紹介です。

南高梅と福井県三方五胡産の青梅を使用。
小鼓”漬けの梅酒を使用した梅酒を使っているので
そのさわやかさは一口で納得。
「あっ美味しい。爽やかだね」と思わず言ってしまう味わいです。
小鼓 泡梅 250ml 525円(税込)
アルコール分5%・微発泡
西山酒造場(兵庫県)


”焼きたてバケットで春野菜のカナッペをパクっ
そしてワインをキューーー!”
グレイス甲州 

春野菜にぴったりの爽やかな白ワイン

和食やお野菜料理の繊細な味わいにフィットするのが
国産ワインの醍醐味。
その中でも甲州種の特徴である果実味がしっかりと出ているので
フレッシュで飲み易く毎日飲みたくなるワインです。

このワインを造っている中央葡萄酒は私に国産ワインの魅力を教えてくれた
ワイナリーで私のお気に入りのワインがたくさんあるんです。
http://www.grace-wine.co.jp/index.html
グレイス甲州 750ml 1690円(税込)
白ワイン・辛口
中央葡萄酒㈱(山梨県)


”デザートは別腹ですから”
「フルフル完熟マンゴー梅酒 

一度飲んだらやみつきな小悪魔梅酒

マンゴーの王様アルフォンソマンゴーを贅沢に使い
米どころ久留米の日本酒と梅の実で仕上げた
ゴージャスなマンゴーのお酒です。
濃厚な舌触りと小悪魔的な香りにメロメロに
なってしまいます。これはまさに大人のデザート酒です
フルフル完熟マンゴー梅酒 
720ml 1470円/1800ml 2940円(税込)
 山口合名会社(福岡県)


written by M

 







Tag : ワイン 梅酒 小鼓 ピクニック グレイス甲州

はじめまして!和光本店と申します

はじめまして
和光本店と申します。

大阪の門真市に店を構える、ちっちゃい、ちっちゃい酒屋です。

当店は、日本酒、焼酎、梅酒、ワインなど日本で製造しているお酒を中心に
販売しています。
人気だけに左右されることなく、私たちが実際に蔵元に行き、
自信をもっておススメできるものをご提供しています。

中でも日本酒には力を入れていきたいと考えています。

古く日本書紀の時代より飲まれている日本酒
主食のお米の美味しいところをぎゅっと凝縮して出来た
日本の食文化の真髄です。

ニッポン人たるもの、SAKEを飲まなくては!
当店では、「日本人でよかった」と
しみじみ思える商品を取り揃えております。


これまで人と人とのつながりの中で商売をしてきましたが、
今後はブログという新しいツールをきっかけに
新しい出会い・つながりを期待しています。
今後共宜しくお願い致します。


和光本店 店長
http://www.sake-wako.com/









テーマ : ブログ始めました - ジャンル : 日記

Tag : 和光本店 日本酒 SAKE

最近の記事
最近のコメント
にほんブログ村 酒ブログへ RED RIBBON LINK PROJECT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。