スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飲んだくれ日記~フランス続編

タイトル3


フランス続編を書かせて頂きます。
やっぱり長くなっちゃいましたので相当お手すきの時にでもご覧ください。


 DSC17002.jpg DSC17015.jpg DSC17031.jpg

★1月17日 ロワール
早朝の電車に乗り込み、ブルゴーニュの町、ボーヌから西へTGVで3時間。
ロワール地方の町、トゥールズへ。
トゥールズはロワール河とシェール河に挟まれた古い歴史を持つ町。
木枠で囲われた伝統的な建物が多くみられます。

DSC17131.jpg DSC17118.jpg DSC17101.jpg

DSC17206.jpg ランチは名物、ガレットをば。
ガレットはブルターニュ地方に伝わるそば粉で作ったクレープです。
でも具は主にベーコンとか卵とかが入った甘くない、食事向けなんだそう。
私はホウレンソウとチーズのガレットを。Yはレバーとポテトの入ったのを。
そば粉の香ばしさに負けないボリュームある味つけの具がぴったり。とっても美味でした。

気になった方はレシピもチェック!
◆材料(約10枚分)◆
A・・・(そば粉/300g  卵/1個  塩/小さじ1杯) ※シードル(辛口)/100ml  水/500cc
※シードルはビールでも代用可能です
◆作り方◆
1. 大きめのボールに材料Aを入れ、よく混ぜる。
2. 全体が均一に混ざったらシードルを加え混ぜる
3. 水を数回に分け加えながら混ぜ続け、生地が滑らかになったら、
   ボールをサランラップで覆い室温で30分~一晩寝かせる
4. フライパンを火に掛け温まったら、油を馴染ませ、お玉1杯分の生地を流し入れ薄く広げる
6. 生地の端がフライパンから浮き上がり片面が焼けたら裏返し、
   好みの具をのせ、クレープのふちを畳み込むようにして四角に成形し、皿に盛りつける


ロワール地方といえば・・・・ワインとお城。
ということで今日はワインではなくお城にロックオン。
小型バスに乗り込み、古城巡りへGo!
DSC17311.jpg Image094.jpg Image095.jpg
シュベルニー城とシャンボール城を見学。
内装はとっても素敵で、プリンセス気分になれるし、城壁とかを見ていると
「ロック・ユー」とか「ジャンヌダルク」みたいな中世の映画の世界に
入っているような錯覚にとらわれます。
  
そしてロワールからパリに戻った私たちはアルザス料理のお店でディナー。
DSC17611.jpg DSC17615.jpg
アルザス地方は、フランスとドイツの国境近い地域だけあって、
ドイツワインに近い酒質をもった白ワインが多いのが特徴です。
最もよくつかわれるブドウ、リースリングは、香りが高く、フルーティーな味わいを持っています。
伝統料理もシュークルート(塩漬け発酵させたキャベツ)とソーセージの盛り合わせとか
ポテトの温野菜サラダとかラム肉のワインやらビールやらで煮込んだお料理とか。

塩気の利いたシンプルな味付けの肉料理とフルーティな白との相性は◎
フランス料理とはまたちょっと違う、素朴な味わいに胃袋まで和みました。

アルザス料理についての語り草として、

ドイツ料理は量が多いがうまくない。
フランス料理はうまくても量が少ない。
アルザス料理はうまくて量も多い。  と言われるそうな。

確かにボリュームの割りにリーズナブル。そして美味しい。まさにいいとこどり!



★1月18日 モンサンミッシェル

DSC18101.jpg DSC18110.jpg DSC18214.jpg

ジブリ党としては死ぬまでに訪れたかった場所、モンサンミッシェル
バスの車窓から遥か遠くに見え始めたモンサンミシェルの姿に、テンションMAX!
海に浮かぶ孤島にそびえたつ修道院と裾野に広がる城壁に囲まれた町は
幻かと思うほどに素晴らしい眺め。

丁度お昼時だったので、モンサンミッシェル名物をいただきます!
ここの名物は、オムレツ羊の赤ワインとシードル。
DSC18203.jpgふわふわオムレツで一番有名なお店「LA MERE POULARD」
でもいっぱいだったんで、行ったのは別のお店。DSC18310.jpg DSC18304.jpg
とりあえず、シードルで乾杯。
シードルとは、リンゴの果汁を発酵させて作った「りんご酒」のことです。
リンゴの名産地であるこの地方で作られるシードルが最も有名。
(ちなみにシードルを蒸留したものが「カルバドス」)
リンゴの爽やかさとドライな飲み口。
アルコール度数5%前後でぐびぐび飲めちゃいます。

そして気になるオムレツの味は・・・。まあまあ。
実はガイドさんから、前もって「まずいですよ」と聞かされていたため、
意を決して望んでいたためか、それほどまずくはありません。
メレンゲ状に泡立てた卵をたっぷりのバターで焼いているので、
オムレツというか、油揚げに近い感覚。お醤油があればよかったかも(笑)

オムレツはもともと参拝する信者に栄養を付けてもらおうと振舞われていたものが始まり。
当時の料理としては栄養たっぷりのごちそうだったに違いない。
DSC18438.jpg DSC18424.jpg DSC18444.jpg

モンサンミッシェルから戻った私たち。
夕食はYの手料理と共にブルゴーニュで購入したワインで乾杯。
ボーヌのホテルで開栓してから、1日バッグに入れて観光してたので
ブンブン振られ、過剰にデキャンタージュ。
フレッシュさが全くなくなってしまって別ものになってました。
でも後に残る余韻が驚くほどに長くて、思わず遠い目になってました。
渋みが少なくて、適度にフレッシュで飲みやすいのに、余韻が長い赤。
自分の好みのワインのタイプがわかった瞬間でした。



★1月19日 パリ観光
DSC19101.jpg DSC19132.jpg DSC19204.jpg DSC19432.jpg 

パリ観光。朝はマルシェで色々物色。
そのあとオランジェリー美術館で「睡蓮」を鑑賞。
美術館を出ると丁度6時。エッフェル塔がキラキラ輝くライトアップショーが始まり、感激!

そのあとラファイエットで土産物を大量購入した後は、お待ちかねのリドへ!
リドは、「ムーランルージュ」などで有名なナイトショーの一種で、
でも、ムーランルージュよりももっとモダンな感じのショーです。
例えるならば、宝塚歌劇とシルク・ド・ソレイユとストリップショーを足して割ったような感じ。

すべてテーブル席になっていて、シャンパン片手に盛り上がれます。
ショーは息もつかせないほどに凝縮した怒涛の2時間。
演技の素晴らしさとアルコールも相まって、ずっと号泣(!)
この日はシャンパンを浴びるほど飲みました(笑)


★1月20日 パリ観光
オルセー美術館へ。3時間程度いたけど、それでも時間が足りません!
その後、フランスに嫁入りした、友人Mと合流。
Mとぶらついた後、ラファイエットの酒屋でワインを大量購入→日本へ宅配。

フランスでワインを買うのって大変ですねぇ。
専門用語が難しい上に、ましてや、フランス語の分らない私にとっては????の連続。
Mが通訳してくれたから助かった!
しかもワインが安いとはいえ、航空宅配代金と税金を考えると、結局2倍の金額に。
個人では安上がりにはならないってことですね・・・・。


そしてMの旦那とその家族とYと合流して日本食レストラン「中川」へ!
日本人夫婦が経営しているお店で、常に満席!
フランスに行く方、フランス在住の方、このブログ見てピンときた方は
是非行ってみてください!


Image092.jpgそんなこんなで駆け足で楽しんだフランス旅行でした。
次に行く時はもう少しワインに詳しくなっていようと決心。

最後に、今回の旅でお世話になった、Y子、Yきちゃん、M樹、Gに
本当に感謝です。ありがとう!

お休みを頂いて、こんなに貴重な体験ができました。
皆様、ありがとうございました。
この思いをワインへの情熱に変えて、みなさまに還元できたらと思います。


最後まで読んで頂いて感謝です。お疲れ様でした。

written by M
スポンサーサイト

Tag : モンサンミッシェル ワイン フランス ロワール アルザス リド

飲んだくれ日記~ワイナリー編

タイトル2

まずはじめにフランスワインについてサクっと説明。
↑ブログを書くためにネットで調べまくりました。
 こういうのがホント勉強になります。

map.gif
フランスの有名ワインといえば、

ボルドー、コートデュローヌ、ロワール、シャンパーニュそして、ブルゴーニュ。
中でもブルゴーニュ地方のワインの特徴は赤ワインなら、果実味のある香り豊かなタイプ。
白ならすっきりとした辛口タイプです。
なんでも、複数のブドウワインをブレンドすることが多いボルドーワインなどに
比べ、ブルゴーニュ地方はほぼ単一のブドウを使うのが特徴らしい。
それだけに、ブドウの持つ独自の味わいがわかりやすいらしい。
でも造り手によって味が大きく異なるらしく、ワインショップで
自分で好みのものを探すのは難しい、買い手泣かせのワインらしい。

どこかで聞いたことのある、「ロマネ・コンティ」「ボジョレーヌーヴォー」「モン・ラッシュ」とか
いうのもこの地方のワインなんですって。ほほー。

そしてブルゴーニュ地方で栽培されているブドウは4つ
「ピノノワール」「ガメイ」「シャルドネ」「アリゴテ」
この名前をさがせば、たいていはブルゴーニュ地方のワインに行きつくらしい。
ブドウの品種についてコチラ


さらに、もうちょっと解説(←またかっ!)
●「カーブ」とは・・・・
フランスではワインを保管する場所のことを”カーブ”と言います。
cave=洞くつから来ていて、「貯蔵庫」の事を指します。
醸造所では、作ったワインを長期熟成させるために、
醸造所の地下などに大規模なカーブを持っています。

●「ドメーヌ」/「シャトー」とは・・・・
ワインの話をするときによく耳にする言葉ですが、
どちらも自家栽培したブドウを使ってワインを造る「醸造所」のことです。
つまりは「ワイナリー」ですね。
二つの違いは簡単に言えば、
「シャトー」が(=城)を意味する、大規模なブドウ農園で、主にボルドー地方で
そう呼ばれるのに対して「ドメーヌ」は、ボルドー地方以外の、個人で経営する
小規模の農場兼醸造所の事だそうです。

以上、説明終わり。



さ、さっそくドメーヌへGO!

ボーヌの市街地を出て、気が付けば辺りは一面のブドウ畑。
収穫は秋に終わってるし、葉っぱも落ちてるので貧弱なイメージでしたが、
夏ごろは素晴らしい景色に違いないです。

そんなこんなで、ボーヌから車で20分ほどの所にあるワインの町、ムルソーに到着。

ワイン造りの時期ではなかったので、私たちは”カーブ”を見学。DSC16803.jpg
DSC16806.jpg 地下への階段を下りて行くと・・狭い通路。
壁にはずらーと年ごとのワインが。
DSC16818.jpg しかしフラッシュをたいてびっくり!DSC16817.jpg
白いのは砂埃?それともカビ?
ワインの心地よい環境というのはカビにも心地がよい様です。
DSC16840.jpg DSC16837.jpg DSC16835.jpg DSC16828.jpg
そして扉を開けると、今度はワイン樽がずらーーー!

これが地下?と思えるほどのスケール。
広さにして、25mプールが5個は入るだろう大きさです。

かすかにクラッシックが流れてくる、静かなカーブでゆっくりと、時間を過ごすワインたち。
なんだか荘厳な雰囲気に言葉をなくしてしまいます。


そして見学のあとのお楽しみ♪
DSC16843.jpg DSC16853.jpg DSC16849.jpg DSC16845.jpg

あまりにもたくさんのワインを試飲したので、何がなんだかわからなくなって
しまいましたが、(ここまでくればただの酔っ払いです)
びっくりしたのが「ワインの味の幅が広い!」ということ。

樽の香りがぶわっと広がるまろやかなのがあるかと思えば、
ブドウを丸かじりしたかのような、フルーティなものも。
獣みたいな臭いのするもの。
飲みやすくて美味しいな~というのがあれば、
次に飲んだのは、舌の裏が一気にざらつくような渋~いもの。
淡麗なの、すっきりしているのに重いもの。
さらに驚いたのは・・・しょっぱいもの!?
スタッフ曰く、ミネラル分の多い土壌で育ったブドウにはミネラル分がたっぷり含まれます。
そのミネラル分がワインの味わいを深めます。極めれば、
飲んだ時に塩気として感じられることもあるそうです。

(ちなみに火山灰土壌の日本では、ミネラル分がほとんどないので、
このようなワインは造れないんです。
ま、そんな土壌が功を奏して、軽くてフルーティなワインが出来るんですけどね♪)


フランスに来て、ワインを飲んで、発見した事、
それはワインのバリエーションの広さ でした。

今まで日本で選んでいたのはもしかしたら、日本人好みの飲みやすいものだったのかも。
好き、嫌いはおいておいて、実際はもっと個性豊かなワインがあったんですね。


今まで「白ワインが魚には合わん」と思っていた私。

でもミネラルたっぷりの白なら、きっと魚介にばっちりはまりそう。
いや、実際に見事にマリアージュしてました。こりゃ、まいった!

ワインの世界は広いな~。一歩踏み入れて、その深さ広さを実感。
怖いもの見たさに近い感覚でワインに興味深々になったMでした。


長々とどーも、すみません。 

written by M

飲んだくれ日記~フランスワイン巡りその1

タイトル1


お休みありがとうございました!
行って来ましたよ、おフランスに。

フランスワインを浴びるほど飲んだ・・・と言いたいところなんですが、
出発前にひいた風邪が13時間の飛行中、どんどん進行してゆき、
背中を悪寒が走る走る!

なんとかは風邪をひかない、と言われるだけに、出来るだけアホになり、
鼻水頭痛を薬でだましつつの旅行だったために、そんなに飲んでませ---ん。
悲劇や・・・。

でも、そんな中で、色んな所に行って飲んだお酒&お料理をご紹介します♪


★1月16日★「フランス入り」
DSC_2210.jpg DSC_2207.jpg

空港についたのは、夜もとっぷり更けたころ。
疲労困憊した私を向かえてくれたのは、
友人Yのアパルトマンからの素敵な眺めと手作りポトフ、そしてホットワイン
あ~しみこむ、しみこむ。優しい味で、ほんと涙出そうなくらい美味しかった。
風邪には甘ーいホットワインがいいですね~。

 DSC16400.jpg★1月17日★「ブルゴーニュへ」 

パリからブルゴーニュ地方の町、ボーヌへ。
小さいですが、城壁に囲まれた、歴史深い町です。

街を散策していると、美味しそうなデリのお店がいっぱいです。
DSC16437.jpg DSC16420.jpg DSC16438.jpg きゃー!

 DSC16601.jpgお腹がすいた私たちは、ボーヌで美味しいと評判のお店へ。

そして、ブルゴーニュ名物のエスカルゴをアテに、「白行きます!
DSC16613.jpg DSC16614.jpg DSC16615.jpg DSC16618.jpg 
エスカルゴは、ヘンテコなはさみで持って食べるのをイメージしてたんですが、
身の部分だけが、たこ焼き皿みたいなのにお行儀よく乗せられてきました。
これが、また、旨い!ちょっと優しいサザエみたいな歯ざわりにガーリックの
ばっちりきいたエスカルゴバターに包まれたエスカルゴ汁がじゅわっと出てくる。
美味しすぎて、思わず白目むいちゃいました。
なんでも、エスカルゴはブドウの葉っぱが好物らしいです。だからブルゴーニュ名産なんですね。
なんともゴージャスなかたつむりですこと。

さらにさらに
チキンのテリーヌとかが色々のったプレートに、
赤ワイン煮の牛肉とマッシュポテトと重ねたメイン
牛肉の赤身がホロホロほどけていく~。
こうなったら、エンジン全開です。おっしゃ、行くでー!
 その前に忘れちゃいけない、コレコレ・・・→「酒豪伝説DSC16616.jpg
ブルゴーニュ地方のチーズをアテに「赤行きます!
大好きなピノ・ノワール。酸味と穏やかな余韻がチーズに合う合う!
DSC16623.jpg DSC16621.jpg

この時間が永遠に続けばな、と思ってしまう至福のひとときでした。

そしてお腹も気持ちも満たされた私たちは、さらなる酒を求めて、いざ、ワイナリーへ!

この続きはまた次回「飲んだくれ日記、ブルゴーニュのワイナリーを巡る」の巻へ。
今度はもう少しきちんとワインのことレポートしようと思います。
思っていたよりも長編になってしまいそうな、飲んだくれ日記。
最後まで読んでくれますか?よろしくおねがいします。

written by M

Tag : フランス ブルゴーニュ

昼酒倶楽部第2回会合

hirusake2

酒豪友達ばかりが集まり、真っ昼間から酒を飲んだくれる団体、
その名も「昼酒倶楽部」。
メンバーはMさん、Cさん、Yさんと私の計4人。


記念すべき第2回はピクニック!
新緑萌える鶴見緑地公園で旨いアテと酒を飲もう!

・・・・・のつもりでしたが、外はあいにくの。。。
実は私、重度の雨女なんです。
この昼酒倶楽部に関しては現在2戦2敗中。

仕方なく、我が家で家中ピクニックとしゃれこんでみました。とほほ・・。

しかし!今日のアテは超豪華です。


<今日のアテ>
・ゆで春野菜の特製バジルソース添え

 スーパーミセス、Cさんのお手製料理その1
 アンチョビとかバジルとか色々入ったソースをからめて食べる野菜は
 「ここ数年で一番旨い!」と感じた。超一流の味。
・アスパラとチーズのローストハンバーグ
 Cさんのお料理その2
 野菜をひき肉で包み込んで軽く焼き目をつけたものを
 オーブンでじっくりとローストしたもの。
 旨すぎる~、旨すぎる~!
・いわしのマリネ
 ボキャブラリーの無さに自己嫌悪。
 「いわしのマリネ」程度の味ではありません。
 Cさんのお手製料理その3。
 いわしの青臭さが程よく食欲をそそる、
 今日のベスト・オブ・アテです。
 これがまた、白ワインに合うんだなぁ・・・。 
・「とん平」のコロッケ 
 ミナミの名店、「とん平」の定番メニュー。
 今日の気分で言うなれば「クロケッタ デ トンペイ」って感じ。
 これはMさんの持ち寄りです。だーいすき!
・朝採り無農薬野菜のスティック
 Yさんの家庭菜園のとれぴち野菜。
 太陽の恵みに感謝!
・ブルーチーズ&2種クリームチーズとレバーパテのカナッペ
・オリーブ
・ピクルス
・岩塩クレセント

 これはパン屋カンタボーレで私が一番好きなパン
 ぼそぼそっとした小麦の食感とまぶし岩塩の塩っぱさに
 やみつきになります。
 

hirusake1


さぁ、これに合わせたお酒は・・・
・「1+1=3  ブリュット・ナトゥーレ
 ↑面白い名前のラベルですが「ウ・メス・ウ・ファン・トレス」と読むらしい。
 スペインのスパークリングワイン(=カヴァ)です。
 二つのトップワイナリーが手を結んで栽培、醸造を一貫管理。
 相乗効果として、1+1=3という名前になったそう。
 単なる辛口ではない奥の深い味わいを感じました。
 まずは単体で。次にイチゴとブルーベリーを入れたグラスに注いで
 遊んでみました。んんん~おいち。

・「グレイス甲州 
 私の大好きな白ワイン。
 果実味のある、すっきりとした酸味は
 オードブルとは上手に調和し、
 逆に濃厚なメインと合わせると脂っこさを綺麗に流しさってくれる。
 つまりはオールマイティなワイン。(と私は思う)

・「ピノノワール
 「グレイス甲州」を代表する甲州ワインが
 日本生まれ、日本育ちの白なのに対し、
 こちらはドイツ生まれ、日本育ちの赤ワイン。
 ピノノワールは栽培が難しく、北海道の余市市でのみ
 栽培が成功したそう。
 2006年は当たり年で、程よいコクと渋みがあって美味しいです。

宴たけなわ、でワインがなくなってしまった!
そこで冷蔵庫で忘れられていたチープなワインに
リンゴ・オレンジ・レモン・蜂蜜を入れてまぜまぜ・・。
ご存知、「サングリア」の出来上がり。
これまた、好評で、見る見るボトルが空いてしまった。

<昼酒倶楽部、今回の成績>
・カヴァ 1本
・ワイン 3本
一人1本ボトルを空けたことになりますな。


でも、今回もやっぱり、記憶ぶっとび!も
二日酔いにもなりませんでした。
それは、私達、事前にあるものを飲んでいたんです。

あるものとは何ぞや!
次回、「あるものの正体」に続きます。
↑本当は今回ご紹介するつもりでしたが
長編ブログで疲労困憊。伸ばし伸ばしでごめんなさい。

written by M

Tag : グレイス甲州 サングリア ピノノワール

昼酒倶楽部第1回会合

酒豪友達ばかりが集まり、真っ昼間から酒を飲んだくれる団体、
その名も
昼酒倶楽部」。
メンバーはMさん、Cさん、Yさんと私の計4人。

昼酒倶楽部会合、記念すべき第一回の舞台はミナミ。
Cさんの紹介で日本橋にある
ラ・バロッタでランチを堪能。
rabarotarabarota2

↑ここは席数13席という、小バコな店。
その日に入った食材にあったお料理を出してくれる、
少人数だからこそできる真心の店。
その日の材料によってお料理が決まるから、
ランチメニューは毎日変わる。行ってみないと分からない。

このお店は大当たりです!
出てくるお料理はすごく手が込んでいてキレイ。
食べると笑っちゃうほどに美味しい。

ワインの品揃えも豊富で、お酒選びに困っても
店員さんが優しくナビゲートしてくれる。

そしてなによりも、自分たちの為に、イケメンシェフ達(この日は3人)が
目の前で一生懸命お料理してくれている様子を
見ているだけで、なんだか姫になった気分。

今回食べた「シェフのおまかせランチ」は
前菜、パスタ、メイン、デザート、食後のドリンクまでついて
たったの2000円ポッキリ!
いけませんわ!安すぎます!
次はディナーに行きたいな。


そして腹ごなしにビッグカメラを散策。


次にくわ焼きのお店
たこ坊へ。
↑たこ坊は千日前の近くにある、ディープオーサカなお店。
厨房をぐるっとコの字型に囲むカウンターに
ぎゅうぎゅうに座って飲んで食べるのが楽しい。
オススメはエビパン、銀杏、うなぎの肝、チキンポテト。
開店と同時に行ったので店内はガラガラ。
でも夢中で飲み食いしていて、気がづくと
会社帰りのサラリーマンや生粋のなにわのおっちゃん達に
囲まれていた。あらら、いつの間にやら満席に!


そして最後はバーでカクテルを堪能。
時間を忘れて喋っていたら、気づけば10時!



昼酒倶楽部第一回の私の成績。
・スパークリングワイン 1杯
・ワイン2本(4人で)
・生中 1杯
・瓶ビール中ビン 1本
・チューハイジョッキ 2杯
・カクテル 1杯
所要時間 10時間。

よく飲んだ!量もさることながら、かなりの長期戦でした。

でも私たち全員、記憶も飛ばなかったし、二日酔いにもならなかったんです。
それはなぜでしょう???
実は私たち、事前にあるもの を飲んでいたんです。
それは・・・・・・・・(次回「昼酒倶楽部第2回」へ続く)


written by M

Tag : ラ・バロッタ 昼酒倶楽部 たこ坊 酒豪伝説

最近の記事
最近のコメント
にほんブログ村 酒ブログへ RED RIBBON LINK PROJECT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。